review

木村拓哉はバナナ「グランメゾン東京」役名の秘密、シェフの「変化」は吉と出るか凶と出るのか2話

木村拓哉はバナナ「グランメゾン東京」役名の秘密、シェフの「変化」は吉と出るか凶と出るのか2話
イラスト/たけだあや
木村拓哉が主演を務める日曜劇場「グランメゾン東京」第2話が、10月27日に放送された。

尾花夏樹(おばななつき)は「バナナ」、早見倫子(はやみりんこ)は「ミリン」、京野陸太郎(きょうのりくたろう)は「ノリ」、ちょっと変わったところでは、リンダ・真知子・リシャール(りんだまちこりしゃーる)は「チコリ」など、役名には苗字と名前の間に食べ物や調味料の名前が隠されている。

しかし、公式サイトの相関図には、1人だけ例外の人物がいる。それは、平古祥平(ひらこしょうへい、ちなみに「コショウ」)の彼女・蛯名美優(えびなみゆ)だ。苗字にエビこそ入っているものの、漢字で蛯だし、隠す気が一切ない。なぜ1人だけ? 親が都議会議員なだけに、「ナッツ混入事件」に関係するかもしれない……。

尾花の脅迫は信頼の証


「グランメゾン東京」のオープンに向けて倫子(鈴木京香)、京野(沢村一樹)が奔走する。しかし、倫子ではシェフとしてのネームバリューが足りず、事件を起こした尾花の名前は出せないため、銀行からの融資を受けることができない。京野は奥の手として、「gaku」の時に懇意にしていた信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談するが、原価率を下げるよう計画書の改善を求められてしまう。

第1話(レビュー)でも「料理のためならなんでもする」という型破りなキャラクターを見せていた尾花だが、今回はその傍若無人ぶりが加速。倫子と京野がお金に困っているのに、高級食材ばかりで試作していた。倫子が開店資金のことで注意をしても、「だから金は京野がなんとかしくれるって言ってんじゃん!」と聞かない。

あわせて読みたい

  • 木村拓哉「グランメゾン東京」会見レポ

    木村拓哉「グランメゾン東京」会見レポ

  • 「A LIFE」木村拓哉をミッチーがビンタ

    「A LIFE」木村拓哉をミッチーがビンタ

  • 「BG」木村拓哉がチームを取り戻す物語

    「BG」木村拓哉がチームを取り戻す物語

  • 「ノーサイドゲーム」ラグビー部と経営

    「ノーサイドゲーム」ラグビー部と経営

  • レビューの記事をもっと見る 2019年11月3日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。