間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

間宮祥太朗&桜井日奈子がW主演を務める映画『殺さない彼と死なない彼女』が、11月15日(金)より全国公開される。

Twitterで話題となった4コマ漫画を原作に、いくつかのエピソードを集めて一つの物語として構成。間宮が演じる無感動、無関心の小坂と、桜井演じるリストカット癖がある死にたがり鹿野という、ちょっと変わった主人公を筆頭に、とにかく地味な地味子と誰からも愛されることを望んでしまうきゃぴ子、八千代くんのことが好きで、フラれても毎日告白し続ける撫子など、個性豊かな高校生たちがそれぞれのストーリーを彩る。ここにしかないと思わせる世界観と独特な時間の流れがあり、約2時間、観る者を不思議な感覚にいざなってくれるだろう。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

エキサイトニュースでは、間宮祥太朗にインタビュー。プラン無しで、自然に、自分の感情と向き合いながら演じたという今作について話してもらった。

取材・文/瀧本幸恵 撮影/稲澤朝博 編集/日野綾(エキサイトニュース)

小坂と鹿野は変わっているように見えて、自然な関係


間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

――今作はTwitterで人気の4コマ漫画が原作となっていますよね。

僕は今回のお話を頂いてから知って、読んだんですけど、最初は4コマだし、どうやって映画にするんだろう? って思いました。画のタッチ的にも、メイクや衣装とかでキャラクターに寄せていくような感じでもなさそうだし。それから、“泣ける”と話題の作品です、って言われていたので構えたんです。狙って泣かせにくる感じなのかなって。けど、そういういやらしさみたいなものは全く感じられなかったので、いつの間にかその“泣ける”っていうハードルが自分の中からなくなってました。

――小坂と鹿野の関係性についてはどう思いましたか? 不思議な関係というか。

こうやって取材を受けたりしていると、変わった形とか、愛情表現って言われることが多いんですけど、個人的にはこっちの方が自然だな、って思っていて。常に愛の言葉をささやき合ってるカップルの方が信用ならない(笑)。好きな相手だからこそぶっきらぼうな言い方になってしまったり、常に気を使うようなスタンスでなくいられるっていう方が自然じゃないですか。それは原作も台本でもそうでした。映画とかのセリフって、会話が会話になり過ぎているというか。誰かが何かを言うと、必ずその返答があるけど、今回は、鹿野が何かを言っても、小坂はそれとは全然関係ない話をするみたいな。会話としては成立してないけど、逆にそれが会話としてリアルな感じがして。演じていて、どのセリフも自然な言葉として吐くことができたのは大きかったですね。

――客観的に小坂というキャラクターをどう見ていましたか?

悲劇のヒロイン。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

――ヒロイン?

女性ではないのでヒロインではないですけど、ヒーローに悲劇はあんまりつけないと思うので。感覚的に悲劇のヒロインぶってるな、って思ってました。サッカーを挫折したことへの感傷に浸り続けてる人。冒頭に何事にも無感動、無関心って出てきますけど、元来そういう人間っていうわけではないと思うんです。物語の後半で、サッカーをやっていた頃の写真が出てくるんですけど、それはめちゃくちゃ笑顔ですし。あれ自体は監督とふざけながら撮ったんですけどね(笑)。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

ただ、そういう明るさはあって、それは、鹿野とのやり取りの中でも徐々に出てきているとは思います。サッカーに挫折したっていう自分にとっての悲劇的な出来事をきっかけに、自分の居方を変えてしまったんだろうと。傍から見ると哀愁があるような感じもあるけど、実際にはそうすることが自分にとって一番楽だったんだろうなって。留年もしているし、そういう態度を取っていれば、何も考えなくて済む。本能的にそうしていたんだと思います。

――小坂と間宮さんには近いところはあったりしますか?

ありますね。ある部分においては遠いかも知れないですけど、元来、僕も口が悪かったり。もちろん今、ここでそんな言葉は使いませんけど(笑)。友人同士での会話だと、ちょっと他の人が聞いたら「えっ?」って思うような言葉も飛び交っているので、小坂と鹿野が「死ね」って言い合うやり取りも、やりにくいとは感じませんでした。あと、僕、中学のときに野球をやめたんですけど、やめるまではいわゆる学校の中でも一番うるさい運動部の集団みたいなところにいて。けど、野球をやめてからは、意識的につるむのをやめて、一人で音楽を聴いてたり。それこそ、一番後ろの席に座っていて、冒頭の小坂とつながる部分も多かったな、って思います。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

――今作ならではの役づくりの仕方というのはありましたか?

“ならでは”って言うと、全く考えないで演じた、ってことですかね。撮影前にリハーサルを1週間やって、そのときに桜井さんは鹿野の特徴的な動きや口調なんかを監督とディスカッションしていたんですけど、僕は監督から最初に「間宮くんの一番リラックスした状態で、普通に会話して」って言われて。その会話の中で、自分がしたいと思ったこと、ここに立ちたいとか、語気を強くしたいとか、に従ってくれればいいって。なので、こういう風に演じよう、みたいなプランを持たないでやったことが、この作品“ならでは”になりました。

――小坂を演じるのは難しかったですか?
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

今回はやりやすかったです。先ほども話しましたけど、セリフも自然に言えたし、こういう風にやろうと考えずに、自然とその場にいられたので。力を抜いた状態を楽しんでました。それに、そうじゃなかったら生まれなかったものが、映画に反映されていると思います。鹿野と小坂のように、桜井さんと僕もリラックスした状態でいられて。撮影が始まって徐々に馴染んでいく感覚も、僕と小坂という役もそうだし、桜井さんと鹿野という役もそうだし、僕と桜井さんという関係でもそうだし、時間経過とともにできていって。どんどん馴染んでいくことで、演じ心地みたいなものもよくなっていきました。

桜井日奈子のベースはスポ根 自然にいられる人


間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

――桜井さんはどんな方でしたか?

すごくやりやすかったです。僕の性格的に女優さんとどう接したらいいかわからないというか、共通の話題がないんですよ、流行とかも知らないし(苦笑)。あと、わりと年下の女優さんから怖がられる。でも、桜井さんはベースにスポ根がある人なので(笑)、自然と居やすい、気を使わなくていいのが良かったです。僕が自分勝手に急にふざけたりしても、それを受け入れてくれたりもして。

――演技のプランを二人で話し合ったりすることは?

話し合いをして「こうしましょう」みたいなのはなかったですけど、とにかく、今回はリハーサルと段取りがめちゃくちゃ多くて。本番もテイクが多いときは20くらいいくこともあって。それが全部長回しっていうこともあったので、話し合いで決めるというよりは、やっていく中で「ここはこうしたいんだけど」みたいにして変わっていく感じでした。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

監督からも毎テイク違っていていい、って言われていて。同じ動きで、同じ感情みたいなのはいらないからって。だから、例えば乗らないテイクがあったとしても、そこを無理に乗ってるようにしなくて良かったのが楽だった。無理して感動してる、怒ってる、みたいな感情を見せようとしなくて良かったんです。毎テイク、そのときの感情のままにできていたのは大きかったし、だからこそ、その場で生まれるものもたくさんあって、それをどんどん採用していくみたいなやり方でした。

――小林監督は撮りたい画を明確に持たれているというイメージがあるのですが、そこに到達するまでテイクを重ねていく感じですか?

そういう感じではないですね。テイクを重ねている自体でストイックではあるんですけど、雰囲気としては「ストイックにやるぞ」っていう感じでもなくて。シーンによっては、3テイクぐらいで「今のいけたな」ってこともあるんです。そうすると監督が「こんなに早く終わってもいいのかな? どう思う?」って聞いてきたり(笑)。僕はもう監督がOKならOKでいいと思うって言うんですけど、結局、10テイクくらい撮って、やっぱり3テイク目だったね、なんてこともあって。「今の違う!」っていうテイクの重ね方ではなくて、「今の(気持ちの乗せ方として)気持ち悪かったでしょう、もう一回やってみようか?」みたいな感じです。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

――あるシーンでは、実は開いているはずの校門が本番で閉まっていて、桜井さんがアドリブで跳び越えたと聞きました。

僕も桜井さんも、それから監督も。現場全体の雰囲気として、こうしなくちゃいけない、っていうのがあまりなくて。だから、そのとき閉まってたら、乗り越えればいいでしょう、みたいな考え方になれていたのが大きかったと思います。正解を撮らなきゃいけない、みたいなのがなかったんですよね。その一番大きな理由は、スケジュールに追われてなかったってことだとは思うんですけど。それはこんなに幸せなことなんだ、って思いました。

今回、監督が自然光で撮ることにこだわったので、照明部がいないんですよ。なので、朝の8時とかに現場には入るんですけど、監督が日光を見て、昼の3時からの撮影なりますとかっていうのもあって。それまでに段取りして、リハーサルして、ご飯を食べて、あとは待ってる。それが許されてる現場だったんですよね。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

――そのスタンスが、この作品の不思議な雰囲気と合ったんですかね。

それは絶対にあると思います。この映画の中の時間ってゆっくり流れてるんですけど、カットがかかった瞬間、バタバタと次のセッティングが始まるような状態だったらこうはならなかったと思うんです。僕らもすぐに心を切り替えないといけなくなるじゃないですか。でも今回は待ってる時間も含めて、ずっと本番と同じような時間の流れの感覚でいられたから。

――だから20テイクやるとかも。

そうですね。20テイク撮ったら今日中に終わらないとか、後のことを考えなくても良かったので。ホントに肩の力を抜いて撮影できてました。校門のシーンも桜井さんが走って行って、閉まってたから、どうするのかな?って思ったから「どうするんだろう?」って言って。で、乗り越えたから「乗り越えるんだ」って言って。あれもセリフじゃなくて、思ったことをそのまま言っているんです。

あとは、鹿野がイカ焼きを食べて、それが串から抜けちゃうっていうのも、やってみたらああなったんですけど。あれも余裕がある現場じゃなかったら、抜けた途端、カットがかかったと思うんです。そこで取れない食べ方ってどうやる? みたいな検証が入ったり。でも今回はその取れたのが良かったねってなって、もうこれ以上のものは撮れないから、これでOKにしようって。そういうことはわりとありましたね。

――今作には独特のリズムや間がありますよね。

原作を読んだときから小坂と鹿野の間のリズムみたいなものはあるな、って思っていたので、そこは意識してました。あとは撮影をしていく中で生まれていったテンポがありました。それはテンポよく撮るってことじゃなくて、たとえ間が空いたとしても、僕自身がそういう気持ちになるまではセリフを言わないっていうのをしていて。今回、長回しだったので、それがいい影響を与えるんじゃないかって思っていて。実際には間を取って話していても、長回しじゃなかったら編集でつまむこともできるけど、それができないから、そこに意味が生まれるんじゃないかと。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

実際に完成した映画を観たときに、間ってぜいたくだけど、ほしいよな、って思いました。決められた時間の中に情報を詰め込むことも可能だけど、無言の時間を楽しめるっていうのが、映画のいい部分でもあるし。その無言の時間に、観る側がいろいろ考えるっていうのも絶対にあるので。ぜいたくに間を使ってお芝居をさせてもらって、それを使ってもらえたのは良かったですね。

推しキャラは撫子! 「一生見てられる(笑)」


――今作にはさまざまなキャラクターが登場しますが、間宮さんの推しキャラはいますか?

推しというか、完成作を観て「うわっ」って思ったのは、撫子(箭内夢菜)が八千代(ゆうたろう)に告白を何回もするシーン。いろんな背景、メイク・髪型、パターンでやっているのを見たとき、監督が女の子をかわいく撮るのが上手いっていうのも相まって、一生見てられるなって思いました(笑)。事前に監督がやたらと時間をかけて撮ったというのは聞いていたんですけど、魅力が爆発してますよね。あと、撫子は口調がちょっと古風というか、それを完璧に言いこなせてない感じがまたよくて。あれを完璧にやってしまうと、逆に鼻につくと思うんですよ。その口調も含めて、不思議な心地よさを生んでるなって思いました。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

――小坂は鹿野のちょっと周りとは違った行動に惹かれて、一緒に行動をするようになりますが、間宮さんは学生時代、ついこういう子が気になっちゃうみたいなのってありましたか?

男子校だったんで、高校時代とかはなかったんですけど、小学校の頃はよく怒ってくれる女の子が好きでした。「ちょっと男子!」みたいな(笑)。優等生ってほどじゃないけど、活発で、しっかりしてる子とかに惹かれてましたね。あとは、班(笑)。班ってよくないですか? 社会見学があります、みたいなのことで班を作って、何となくあの子と一緒がいいな、って思ったり。それで、一緒に作業をしたりするうちに、どんどん楽しくなっていくとかはありましたね。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

――小坂のことを悲劇のヒロインぶってると表現されてましたけど、間宮さんにも振り返って、なんでこんなことしてたんだろう、みたいなことってありますか?

事務所に入りたての頃はひどかったですね(笑)。「大人なんて絶対に信用してなるものか!」みたいな感じでした。それをずっと態度に出してましたね。大人たちがこうあってくれ、みたいなものに、絶対に染まりたくないって抵抗してました。それが思春期だからこそ、そう思っていたかのかはわからないですけど、いろんな人に出会って、その人たちから感じたこととかによって、変わっていきましたね。

――今作に対して、間宮さんは登場人物が“それぞれが個性を持って絶望している”とコメントされていて、ご自身が観る映画も葛藤や生きづらさを描いているものが好きだとおっしゃっていましたが、そういうものに惹かれるのはどうしてでしょうか?

人間の明るい部分や美しい部分、ポジティブな部分を観るのは楽しいですけど、それだけでは奥行きが足りないというか。例えば、すごく面白い友達がいるとするじゃないですか。明るくて、楽しくて、みんなを盛り上げられる。けど、それってその人の一枚目に出てくる部分でしかないと思うんです。そこしか知らなったら、一緒にいたら楽しい以上にはならないけど、そうじゃないパーソナルな部分に触れると、その面白さがカッコよさに変わったりもする。二枚、三枚と奥行きが出て、その友達に対して、面白い以上の特別な感情を持てたりする。

映画もそれと一緒で、別にマイナスなものを観たいのではなくて。一枚目が魅力的だとしても、その奥にある、何層にも重なる人間性を見ないと、そこまでその役に対して魅力的だなって思わない。ここ一番いいところですよ、っていうところだけじゃなく、そうじゃないところも見たいなってことなんです。この作品もそういう部分が描かれている作品になっていると思いますね。
間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』


プレゼント応募要項


映画『殺さない彼と死なない彼女』の公開を記念して、間宮祥太朗さん直筆サイン入りポラを抽選で1名様にプレゼントいたします。

応募方法は下記の通り。
(1)エキサイトニュース(@ExciteJapan)の公式ツイッターをフォロー
(2)下記ツイートをリツイート
応募受付期間:2019年11月11日(月)~11月25日(月)18:00まで

<注意事項>
※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へは、エキサイトニュースアカウント(@ExciteJapan)からダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※DMでお伝えした期日までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきます。
※一部の地域では配達が遅れてしまう場合がございます。予めご了承ください。

皆さんのご応募をお待ちしております!
(エキサイトニュース編集部)

作品情報


間宮祥太朗、個性的なキャラクターを自然体で演じる 映画『殺さない彼と死なない彼女』

映画『殺さない彼と死なない彼女』
11月15日(金)全国ロードショー
出演:間宮祥太朗、桜井日奈子、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、金子大地、中尾暢樹/佐藤玲、佐津川愛美/森口瑤子
監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA 刊)
(c)2019 映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会
公式サイト:korokare-shikano.jp

ストーリー
何にも興味が持てず、退屈な高校生活を送っていた少年・小坂れい(間宮祥太朗)は、リストカット常習者で“死にたがり”の少女・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。それまで周囲から孤立していた二人は、<ハチの埋葬>をきっかけ同じ時間をともに過ごすようになる。不器用なやりとりを繰り返しながらも、自分を受け入れ、そばに寄り添ってくれるあたたかな存在――そんな相手との出会いは、互いの心の傷を癒し、二人は前を向いて歩み出していくのだが……。

Profile
間宮祥太朗
マミヤショウタロウ

1993年6月11日生まれ、神奈川県出身。2008年、ドラマ『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(日本テレビ)にて俳優デビュー。以降、数々のドラマ、映画、舞台などに出演。2019年は主演を務めた今作の他、『ホットギミック ガールミーツボーイ』、『飛んで埼玉』と3本の映画に出演。ドラマも主演作『べしゃり暮らし』(テレビ朝日)と『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日)の2本の連続ドラマに出演し、2020年も1月期のドラマ『僕はどこから』(テレビ東京)の出演が決定している。



最新インタビュー

インタビューをもっとみる

最新特集

特集をもっとみる

\ みんなに教えてあげよう! /