米倉涼子主演の人気医療ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系・木曜21時~)最終回。
総括「ドクターX」視聴率ひとり勝ちの理由にワイドショー感+「水戸黄門」割り切って中高年層をひきつける
イラストと文/北村ヂン

一匹狼もひとりで何でもできるわけではない


天才ピアノ少年・吉行和十(城桧吏)の手術。海老名敬(遠藤憲一)のがん疑惑。難病「修正大血管転位症」を患っていたニコラス丹下(市村正親)。鮫島有(武田真治)の口車に乗り「蛭間ファンド」を設立して東帝大学病院を手に入れようとする蛭間院長(西田敏行)……と盛りだくさんすぎた最終回。

メインはやはり、ニコラス丹下を手術するかどうか問題。

インサイダー取引の疑いで逮捕され、拘置所の中でぶっ倒れたニコラス丹下。東帝大学病院に運び込まれるが、敵対していた蛭間院長は手術に反対し、協力した医師もクビだと言い渡す。

例のごとく、そんなこと関係なく手術に向けて動いていた大門未知子(米倉涼子)だったが、そもそもこの病気は高齢での手術成功例がなく、さすがの大門でもひとりで手術を成功させるのは難しい。

「あんたたち それでも医者? 医者なのかって聞いてんの!」

結局、単独で手術に踏み切るが、途中で行き詰まってしまった。

「駄目だ……手が足りない」

ここで、良心にさいなまれた医者たちが集結。AI手術のエキスパートとして鳴り物入りでやって来たものの、これまでまったく役に立っていなかった潮一摩(ユースケ・サンタマリア)が、大門すら思いつかなかった術式をAIのディープラーニングで導き出して手術を成功させることができた。