review

吉高由里子「知らなくていいコト」1話。吉高記者が今カレ重岡大毅と元カレ柄本佑に秘密をスクープされる?

吉高由里子「知らなくていいコト」1話。吉高記者が今カレ重岡大毅と元カレ柄本佑に秘密をスクープされる?
イラスト/まつもとりえこ
「ケイちゃんのお父さんは……キアヌ・リーブス」

思っていたドラマと違った。1月8日にスタートした『知らなくていいコト』(日本テレビ系)。てっきり、週刊誌編集部が舞台のお仕事ドラマと思っていたのだ。それこそ、吉高由里子主演『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)や『正義のセ』(日本テレビ系)のような。

今作は“お仕事系ヒューマンドラマ”を謳っている。くも膜下出血で倒れた母・真壁杏南(秋吉久美子)が娘・真壁ケイト(吉高由里子)に残した冒頭の言葉から事態は急変し、「ケイトの父親は無差別殺人犯・乃十阿徹(小林薫)では?」という疑惑に行き着いた。

それにしても、乃十阿徹(のとあとおる)という名前が目を引く。「のとあとおる」は「not at all」とも言い換えられ、何か意味を含んでいる? とも思ったが、まだよくわからない。ちなみに、「not at all」は「どういたしまして」という意味である。

【第1話あらすじ】「殺人犯の遺伝子は世に残せない」と婚約破棄


杏南の葬儀が終わった数日後、職場に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷進(佐々木蔵之介)に直談判。ネット上の架空の人物「チャールズ」に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子(倍賞美津子)に取材をするべく、ケイトは笑子が営む茶道教室に入門した。しかし、ガードの固い笑子を前に取材は難航……。
翌日、再びケイトが茶道教室を訪ねると、笑子はチャールズからのメッセージを翻訳していた。文面は「爆撃に遭って足を負傷したから100万円入金してくれ」。ケイトは「これは振り込み詐欺で先生を騙そうとしている人がいるんですよ!」と諭したが、笑子は聞く耳を持たなかった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。