review

「トップナイフ」5話。才能がないと気付いた後、人はどうやって生きていけばいいのか。名作回の予感がした

天海祐希主演の医療ドラマ「トップナイフ─天才脳外科医の条件─」(日本テレビ系・土曜22時~)第5話。

今回のテーマは“才能”。

母親から「やっぱり才能ないねぇ」と辛辣な言葉をぶつけられ、自分の“才能”に対して自信をなくしていた西郡を中心に、才能に振り回される患者たちが描かれた。
「トップナイフ」5話。才能がないと気付いた後、人はどうやって生きていけばいいのか。名作回の予感がした
イラストと文/北村ヂン

諦めなければ才能は開花する?


今回の患者は人気ピアニストで、タレントとしても活躍している景浦祐樹(柿澤勇人)。脳腫瘍を除去する手術が必要だが、聴神経はもちろん、顔面神経の温存も希望しており、かなり難しい手術になることが予想される。

一方、景浦と音大の同期であるにも関わらず“才能”が開花しないままピアノ講師をやっている根岸麻理恵(大西礼芳)は、その仕事も失業寸前ということで、自宅のベランダから飛び降りて東都総合病院に搬送されてきた。

いつもは患者と距離を取っている西郡だが、自分も“才能”への自信が揺らいでいるタイミングということもあり、麻理恵にシンパシーを感じる。

「どこでこんなに差が付いたんだろう、やっぱ才能かな」

「才能はあったんだよ。でもそれ、諦めてるから差が付いたんじゃないの?」

西郡は夜遅くまで何度もイメージトレーニングを繰り返して景浦の手術に備え、麻理恵も自分の“才能”を信じて曲作りを再開した。

努力の甲斐あって、景浦の手術は成功。麻理恵が作った曲もレコード会社に認められてデビューの可能性が見えてくる。

ここまではベタな「才能がなくても努力すれば夢はかなう!」的エピソードなのだが、ここから急展開していく。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。