review

竹内涼真×鈴木亮平「テセウスの船」7話考察【再放送】

←「テセウスの船」6話のレビューを読む


タイムカプセルを埋めたのが「3月11日」だったのはなぜ?


TBSの日曜劇場「テセウスの船」もいよいよ終盤に入った。31年前の宮城・音臼小学校での無差別殺人事件をめぐるドラマは、これまで真犯人探しを中心に展開してきたが、前々回の第6話のラストでその正体があきらかになると、続く第7話では、犯人の動きを封じて事件を止められるかという方向へと転じた。

フロッピーに収められた「挑戦状」


真犯人は、音臼小に通う少年・みきお(柴崎楓雅)──。現代から再びタイムスリップしてきた田村心(竹内涼真)は、自分の父で村の駐在所の警官である佐野文吾(鈴木亮平)にその事実を教えると、二人でみきおを追う。事件の起こる音臼小での「お楽しみ会」は2日後の3月12日に迫っていた。

二人はまず、みきおの家に出向くが、彼の姿はない。家には鍵がかかっておらず、上がり込むと、人体模型やチョウの標本などの並ぶ部屋で、文吾が「心先生へ」とラベルの貼られたフロッピーディスクを見つけた。みきおは心がここに来るのを察知していたのだ。それというのも、大人になったみきお(安藤政信)が自分が殺人犯だと告白するのを録音した心のレコーダーが、いつのまにか少年みきおの手に渡っていたからである(心さん、何という不覚!)。

そのフロッピーをみきおの使っているワープロで開くと、そこには「バレちゃったみたいですね。/でもこれで、もっとワクワクして/お楽しみ会が待ちきれない!/心先生、僕を捕まえられるかな?」とあきらかに挑発する文章があった。

一体、みきおはどこへ行ったのか。二人は続いて担任教師の木村さつき(麻生祐未)の家を訪ねる。31年後の現代では、彼女はみきおの養母となり、彼の犯行を隠蔽するべく、文吾の無罪を晴らそうと奔走する心を阻止。そして証人に名乗り出た佐々木紀子(芦名星)を殺害したあげく、結局、みきおに殺されてしまった。

そんなさつきも、この時代はまだおだやかな優しい先生だった。彼女によれば、みきおは幼くして両親を亡くし、村に住む祖母と一緒に暮らしていたものの、その祖母も最近亡くなったという。だから自分が母親になってあげたいと打ち明けた。

さつきはまだみきおの共犯者にはなっていないとわかり、心は文吾に誘われて、佐野家に“帰宅”する。そこでは母・和子(榮倉奈々)と姉の鈴(白鳥玉季)、兄の慎吾(番家天嵩)がクラッカーを鳴らして、温かく迎えてくれた。和子は妊娠中で、生まれてくる子の名前は家族会議ではすでに「心」と決まっていた。鈴はその日、たまたまみきおに会って、その名前を伝えたところ、彼は大笑いしていたという。それを聞いて心は不吉な予感を抱く。

心、存在を消されそうになる


このあと、一人でみきおを探しに出かけようとする文吾に、心が、未来では和子が一家心中を図ると打ち明ける。これに動揺した文吾は、小学校で翌々日のお楽しみ会の準備をする校長や地元の人たちに対しても、開催を止めようとしてつい乱暴な態度をとってしまう。

帰宅した文吾は和子に叱られる。彼女に本当のことを言えず、もどかしさを覚える文吾と心だが、その晩、みきおの手でまたしても一人殺されてしまう。元県会議員の田中良雄(仲本工事)だ。みきおは田中の家を訪ねると、薬に毒物を混ぜて飲ませたのである。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。