review

『#麒麟川島のタグ大喜利』は独特の切り口で綴られた芸人名鑑だ

『#麒麟川島のタグ大喜利』は独特の切り口で綴られた芸人名鑑だ

『さんまのお笑い向上委員会』で、『アメトーーーク』で、それからありとあらゆるバラエティ番組で。いつもとんでもないスピードと鋭いワードでツッコミやガヤを入れ続け、その場を成立させる麒麟の川島明。そんな彼がこのほど、『#麒麟川島のタグ大喜利』(宝島社)を出版した。

もともとは彼がInstagramでやっていた、芸人の顔写真にハッシュタグを大量につけるという遊びからはじまったこの企画。やがて雑誌「smart」の連載にも広がったものが一冊にまとめられている。

「#弁護士の年賀状」な千鳥ノブ


たとえばスーツ姿の千鳥ノブの写真についているハッシュタグはこうだ。

#二世議員のブログのヘッダー画像
#卒業式で初めてその存在を知った先生
#弁護士の年賀状

どれも読んでみると「そうとしか思えない!」という表現ばかり。こんなかたちでこの本には総勢59人の芸人が集合。一人につき川島渾身の大喜利力を発揮した10前後のハッシュタグがついている。

『#麒麟川島のタグ大喜利』は独特の切り口で綴られた芸人名鑑だ

川島といえば、もともと名の知れた大喜利巧者だ。「ダイナマイト関西」をはじめとした大喜利ライブで活躍し、『フットンダ』ではフットンダ王を3度獲得、『IPPONグランプリ』での優勝も経験している。

大喜利は、ワードセンスが必要なのはもちろんのこと、順番もかなり重要だ。一答めでいきなり飛躍した回答を出しても、観客はなかなかついていけない。その点、このタグ喜利はどれも、「うわー、いかにも!」の回答から次第に深みにハマっていく。順を追って読むうち、いつの間にか人ではないものや、果ては概念に対しても「たしかにそうだわ」と納得し、笑わされてしまう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。