review

松本潤・石原さとみ『失恋ショコラティエ』#2 「する? しようか」ブラック松潤が覚醒【ネタバレ】

       
←『失恋ショコラティエ』1話レビュー

松本潤・石原さとみ『失恋ショコラティエ』#2 「する? しようか」ブラック松潤が覚醒【ネタバレ】
失恋ショコラティエ/ポニーキャニオン

→Amazonで購入する

新型コロナ感染拡大の影響で、各テレビ局では過去の番組の再放送や再編集版、傑作選などが多く放送されている。

フジテレビ系列で2014年1月〜3月にオンエアされた「失恋ショコラティエ」が再放送中だ。今作は、“リアル”で“切ない”片想いと、チョコっと“過激な妄想”ラブストーリー。エキレビ!で本放送時に掲載した、木俣冬氏によるレビューを再掲する(日付などは当時のまま掲載)。

松潤が月9でドロドロの恋に溺れちゃう!


する?
しようか

で、松潤(松本潤)がマジチューですよ! (ドラマの中の話です)

事件ですよ、事件簿ですよと、某CMをマネしたくなっちゃうような舞い上がった気分にさせてくれた月9「失恋ショコラティエ」(フジテレビ)第2回を、あたふたと振り返ります。

このドラマは、マツジュン演じるショコラティエ(チョコレート職人)小動爽太が、ちょっと道を外れた恋にはまっていく物語。第1回では、本命のいる女性サエコ(石原さとみ)を思い続けて11年。彼女が人妻になってもなお追いかける、一歩間違えば、やばい姿を描いていました。

そして、第2回では、サエコがいるにも関わらず、他の女性えれな(水原希子)とセフレ関係を結んでしまうという、さらなる堕落っぷりを爽太が見せます。なんといっても、サエコがチョコレート風呂に入っている妄想を爽太がするシーンは、堕落、ここに極まれりでありましょう。

この様子を、通常放送時間の10分ほど延長してまで描くという気合いの入れようで、第2回にして、一気に原作単行本2巻分6話まで進んじゃいました。

第1話はかなり原作に忠実に進行していましたが、第2話は、原作エピソードをかなりシャッフルさせています。フランス人シェフ・オリヴィエ(溝端淳平)の出番とチョコレートの描写を原作よりはやや少なめにして(ちょっと残念)、話はスピーディに進み、頭に血が上りますー。

爽太の行動は、サエコの気を引くために「悪い男」になろうとするという、涙ぐましい努力の末であり、そう思うと、道を外れていても許せてしまう、かわいらしい感じもしますけれど、えれなに「する?」と誘いかける、ブラック松潤覚醒の瞬間は、激しくゾクッとしました。それから、サエコに「罠をしかけなきゃ」という時の指先の動きもヤバかったですね。このドラマでは、松本潤の上唇と下唇のホクロが、やけに色っぽく見えてしまうと思いませんか?

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「失恋ショコラティエ + 石原さとみ」のおすすめ記事

「失恋ショコラティエ + 石原さとみ」のおすすめ記事をもっと見る

「失恋ショコラティエ + ドラマ」のおすすめ記事

「失恋ショコラティエ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「花咲舞が黙ってない」のニュース

次に読みたい関連記事「花咲舞が黙ってない」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月16日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 失恋ショコラティエ ドラマ
  2. 失恋ショコラティエ 石原さとみ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。