review

「MIU404」2話 松下洸平を信じたい綾野剛と疑うことが仕事だと言い切る星野源の対立

←「MIU404」1話のレビューを読む
「MIU404」2話 松下洸平を信じたい綾野剛と疑うことが仕事だと言い切る星野源の対立
イラスト/ゆいざえもん

綾野剛と星野源がMOBILE INVESTIGATIVE UNIT (機動捜査隊)のバディを組む「MIU404」(TBS系 金曜よる10時〜)の第2回「切なる願い」(7月3日放送)は、志摩(星野)と伊吹(綾野)がほとんど車(“まるごとメロンパン”の販売車)の中で会話しているというなかなか実験的な回だった。

ほぼ車中でのふたりの会話で物語が進行する実験回


志摩と伊吹の所属する機動捜査隊は「初動捜査」や逃走している容疑者の「追跡調査」で、複数の警察署や都道府県の管轄地域にまたがる広域事件や重大事件の捜査に当たることもできる。その特性を生かし、都内をパトロール中に偶然発見した殺人事件にかかわっていそうな車を富士山の麓まで追跡することに。

ドラマが開始して4分頃から伊吹と志摩は車に乗っている。開始から17分後、志摩が1回車を下りたが、あとはずっと運転席に伊吹、助手席に志摩が並んでいるだけ。ふたりそろって車を下りるのは31分過ぎてから。それでも伊吹と志摩の軽妙な会話で十分楽しめる。理屈っぽい志摩は長台詞を早口でしゃべり、単純野生ばかの伊吹は短い単語をゆるめのトーンで発する。「女の子のきゅるっとした顔を思い浮かべながら寝たいだろう」の「きゅる」の言い方。

ほわんっとして見えて伊吹の野生の勘はすごい。たまたま隣を走っていた車の中の女性(池津祥子)のすがるような視線に気づくと、女性の襟を背後から乱暴に引っ張る黄緑の袖を見つけ、不審に思う。運転している男(鶴見辰吾)の様子も奇妙。

軽妙なセリフと軽やかかつ怪しげな劇伴が絡み合う


そのときちょうど、殺人事件が発生し、容疑者が黄緑のジャンパーを着ているという無線が入った。隣の車に容疑者が乗っているに違いないと主張する伊吹に「袖だけだろ」と志摩は懐疑的。だが、「走る…人質監禁 立てこもり?」の可能性をもあると感じ、桔梗(麻生久美子)に追尾許可を得る。

志摩「容疑者が乗ってるかしれない車両を見つけたかもしれないって言ってるやつが隣にいます」
伊吹「かもかもかよ」
桔梗「ふんわりしてんな」

軽妙なセリフと軽やかかつ怪しげな劇伴が絡み合う。劇伴は「アンナチュラル」でも印象的な劇伴を作っていた得田真裕。音楽に乗って状況が加速していく。でもメロンパンの車は速度が出ない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「MIU404」2話 松下洸平を信じたい綾野剛と疑うことが仕事だと言い切る星野源の対立」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    加々見が持っていた凶器はナイフじゃなくて目打ちだったよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    監禁されるほうの夫婦役、鶴見辰吾と池津祥子もいい仕事してましたねー。

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

MIU404

MIU404

綾野剛・星野源のW主演。「逃げ恥」「アンナチュラル」の脚本家・野木亜紀子によるオリジナル脚本でお届けする1話完結の「機捜」エンターテインメント。TBSにて、2020年6月26日〜放送中。

2020年7月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。