review

『親バカ青春白書』 ムロツヨシは言う「お母さんは女神だよ」 そりゃそうだ、新垣結衣なのだから 1話

       
『親バカ青春白書』 ムロツヨシは言う「お母さんは女神だよ」 そりゃそうだ、新垣結衣なのだから 1話
イラスト/おうか

これはムロツヨシ劇場『親バカ青春白書』

『親バカ青春白書』(日本テレビ系 毎週日曜よる10時30分〜)はムロツヨシ永野芽郁による父娘(おやこ)もの。妻・幸子(新垣結衣)を早くに亡くしたガタローこと小比賀太郎(ムロ)はひとり娘のさくら(永野)を溺愛して育ててきた。心配が高じて、大学まで一緒に入学してしまう。

第1話は、はじまったばかりの大学生活に浮かれ過ぎてこわい目に遭ってしまったさくらをガタローはどうやって救い出すか――。やたらパチパチとまばたきの音がSEで入るような、ほのぼのドタバタ、ホーム&キャンパスものかと思って見ていたら、さくらと同級生の寛子(今田美桜)が意外とディープな事件に巻き込まれたからびっくりした。

『今日から俺は!!』ではストレートロングで金八先生キャラを演じていたムロは『親バカ』ではちょっとだけグレーヘアにして、お父さんキャラを際立たせる。それにしたって、永野の親ってさすがに若すぎないかと思ったが、ムロは四十代。早くに結婚して子供ができていたら大学生になる娘がいてもおかしくはない。ドラマでは学生結婚という設定だ。

ムロ演じるガタローが、娘のことを心配するあまり大学に一緒に入学、キャンパスライフを一緒に送ることになるので、ちょっと老けた大学生というところではムロに合う。むしろ、入学式のスーツの永野芽郁(20歳)と今田美桜(23歳)が新入社員にしか見えなかった。いやでも私服になったら大学生に見えた。いや、いいのだ、そんなリアリティーはこのドラマには関係ない。このドラマの妙味は、お父さんが大学生であることなのだから。

贅沢に新垣結衣を使う

リアリティーの問題で言えば、太郎の妻が新垣結衣であること。『獣になれない私たち』(18年 日本テレビ系)以来、新作映画やドラマに出ていなかった新垣が『親バカ青春白書』に出演する、しかもムロの妻役と発表になったときSNSはそりゃもう湧いた。ホームドラマのお母さんとしてずっと出てくるのか、それは画期的と思ったら――亡くなっている設定だった。遺影出演。回想出演。でもその回想の浴衣で花火シーンに恋愛映画のような叙情が溢れていた。なんて贅沢な使い方だろうか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『親バカ青春白書』 ムロツヨシは言う「お母さんは女神だよ」 そりゃそうだ、新垣結衣なのだから 1話」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    おっさん二人の変顔がうざくてすぐに見るのやめた。特に100人の壁の司会者。これしか演技できないのかよ!

    0
  • 匿名さん 通報

    この曜日・時間枠のドラマの1回目を見たのは久々。日曜の夜だから次回作以降ももう少しコミカル路線でもいいと思う。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

親バカ青春白書

親バカ青春白書

福田雄一が手掛ける日本一バカで可愛い父娘の物語。稀代の喜劇役者ムロツヨシがGP帯初主演。娘を心配するあまり、娘と同じ大学に入学してしまった“親バカ”な父を演じる。日本テレビにて、2020年8月2日〜放送中。

2020年8月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。