『親バカ青春白書』さくら(永野芽郁)の『鬼滅の刃』禰豆子コスに“ねるとん”までぶっこんできた 3話
イラスト/おうか

永野芽郁の 禰豆子コス最強『親バカ青春白書』3話

ムロツヨシ永野芽郁が父娘(おやこ)で大学生をやっている『親バカ青春白書』(日本テレビ系 毎週日曜よる10時30分〜)第3話は永野演じるさくらが大学のミスコンに出て最終審査まで勝ち残る。

【前話レビュー】『親バカ青春白書』2話 奇妙な霊媒師(シソンヌじろう)に諭されるガタロー(ムロツヨシ)

ミスコン仕様の永野芽郁はいつも以上にかわいい。華奢な二の腕むき出しの衣裳もドレスもよかったが、なんたってコスプレ審査時の『鬼滅の刃』の禰豆子。竹をくわえた禰豆子のポテンシャルと永野芽郁のポテンシャルが融合してなかなか強烈だった。

映画『今日から俺は!!』が大ヒット上映中の福田雄一を中心に制作されたオリジナルドラマということで、『今日俺』からのゲストも楽しみのひとつで、今回は、清野菜名(ダンスの先生役)矢本悠馬(ミスコン司会役)仲野太賀(寛子の彼氏役)

永野芽郁と清野菜名と矢本悠馬といえば、永野がヒロインを演じた朝ドラ『半分、青い。』。清野は東京での親友、矢本は地元での親友役だった。

だが、しかし、永野芽郁が劇中でパロディしたのは、『半分、青い。』を書いた北川悦吏子ドラマではなく、坂元裕二脚本のドラマ『東京ラブストーリー』であったのは、『今日俺』と関係があるに違いない。『今日俺』の主演のひとり、伊藤健太郎が『東ラブ』令和リメイク版で主人公を演じていたというつながりがある。

『今日俺』は80年代ヤンキーカルチャーを楽しむ作品で『東ラブ』は91年のドラマだが、原作漫画は80年代作品。北川悦吏子先生が活躍するのは95年以降で90年代カルチャーに属するのである。

この記事の画像

「『親バカ青春白書』さくら(永野芽郁)の『鬼滅の刃』禰豆子コスに“ねるとん”までぶっこんできた 3話」の画像1 「『親バカ青春白書』さくら(永野芽郁)の『鬼滅の刃』禰豆子コスに“ねるとん”までぶっこんできた 3話」の画像2