『エール』第17週「歌の力」 82回〈10月6日(火) 放送 作・吉田照幸 演出:橋爪紳一朗、鹿島悠〉

『エール』西條八十とのシーンに裕一が作曲家として影響力を持つようになった描写
イラスト/おうか

裕一の天才っぷり

召集令状を受け取ったものの、予科練を主題にした映画の主題歌を作るための重要な人材として兵役を免れることになった裕一(窪田正孝)。「芸は身を助く」という言葉があるが、こういうときに使っていいものか悩ましい。

【前話レビュー】召集解除に罪悪感を抱く裕一 同じく作曲家の木枯はどうだったのか、実在モデルと史実を比較する

裕一は自分だけ特別扱いされていることに悩みながらも、求められる作曲を全力で行う。映画『決戦の大空へ』の主題歌「若鷲の歌」の歌詞は西條八十(中野英樹)の手によるもの。実際に予科練を見学したうえで書いた良い歌詞だが、裕一は最後の「ハア ヨカレン ヨカレン」を削除したいと提案する。

このエピソードから思い出すのは「紺碧の空」である。かれこれ12年くらい前。裕一が作曲家として活動しはじめた初期の頃。西條八十が選者の一人として選んだ早稲田の応援歌「紺碧の空」の「覇者覇者早稲田」の「覇者」の音が弱いから変更したほうがいいのではないかと意見を述べたことがあった(40話)。

西條は、そこが難しいから裕一のような新人ではなくベテラン作曲家に任せたほうがいいと言っていたが、結果的に裕一は「覇者覇者」に印象的な曲をつけることに成功した。

あれから月日が過ぎ、いまや裕一が西條八十の詞に意見を述べ、西條はそれを受け入れる。それだけ裕一が作曲家として影響力を持つようになったのだろう。

と同時に、西條八十は「紺碧の空」の歌詞を意識してみて、失敗したのかななどと考えてみると面白いし、最後に、固有名詞の「応援」入れとけ、というような単純な思考ではいけないという反省が浮かび上がってくる。

この記事の画像

「『エール』西條八十とのシーンに裕一が作曲家として影響力を持つようになった描写」の画像1 「『エール』西條八十とのシーンに裕一が作曲家として影響力を持つようになった描写」の画像2 「『エール』西條八十とのシーンに裕一が作曲家として影響力を持つようになった描写」の画像3