review

『エール』一貫して裕一の優しさを演じる窪田正孝の演技の妙

       

『エール』第17週「歌の力」 83回〈10月7日(水) 放送 作・吉田照幸 演出:橋爪紳一朗、鹿島悠〉

『エール』一貫して裕一の優しさを演じる窪田正孝の演技の妙
イラスト/おうか

裕一、予科練へ

映画『決戦の大空へ』の主題歌「若鷲の歌」を披露するため、裕一(窪田正孝)は三隅(正名僕蔵)と土浦航空隊に向かう。すでに1曲できてはいたが、発表前に予科練を見学し、もう1曲作りたいと言い出す裕一に、三隅は手を焼く。

【前話レビュー】西條八十とのシーンに裕一が作曲家として影響力を持つようになった描写

だが、乗りかかった船と諦めて、2曲を教官に選んでもらうのはどうかと持ちかける。気をよくした裕一は練習生に選んでほしいとまで言い出して三隅を困らせる。

予科練の練習生と同じように吊り床(ハンモック)で寝た裕一は、翌朝、高らかなラッパの音で目を覚ます。それから予科練の訓練に参加するが、体力がないため、厳しい訓練になかなか追いつけない。

厳しい訓練の合間、腕相撲などしているときの無邪気な様子なども観察しながらも、なかなか新たな曲が浮かんでこない裕一は、ひとり佇んでいる風間寛大(杉田雷麟)に話を聞く。

楽曲披露の日の朝、さんざん悩んだが、風間の話を聞いたら5分くらいで書けたとけろりと言う裕一の話を聞いた三隅は「才能って嫌い」と笑いながらつぶやく。そこには凡人の残念さがこもっているようにも思うが、こんな三隅にも才能があった。

はったりである。
2曲目の感想を聞かれて、譜面が読めないので、適当に答えたら、裕一のツボをついていた。「こういうツイてる人、います」とナレーション(津田健次郎)。人にはそれぞれ能力があるものだと思わせるエピソードだった。

歌は人の心を奮い立たせ、ひとつにする

ところが、裕一の渾身の2曲目を教官たちは選ばなかった。最初に作った高揚感のある明るい曲が好まれたのだ。唯一、2曲目に惹かれた浜名中佐(谷田歩)は、練習生にも聞いてみようと提案する。すると、練習生たちは2曲目を選んだ。さっそく、その2曲目を歌う練習生。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年10月7日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。