review

TERU|太陽のごとく全方位を照らすフロントマン 配信ライブシリーズへの想い<GLAY特集>

       
TERU|太陽のごとく全方位を照らすフロントマン 配信ライブシリーズへの想い<GLAY特集>

歳を重ねるごとに魅力を増すTERUの歌声

メジャーデビュー25周年イヤー。本来ならば祝祭ムードだったはずの2020年、コロナ禍で思わぬ被害をこうむっているのは、ベテランロックバンドGLAYも例外ではなかった。

【関連記事】コロナ禍で際立つGLAYの強さ “ピンチをチャンスに”

5月に予定していたナゴヤ、東京ドーム計3公演は4月に中止を発表。ツアーファイナルの札幌ドーム公演は決行を目指し尽力していたが、一旦払い戻しの上さいたまスーパーアリーナへと会場変更、2DAYS開催することが発表されたばかり。

重いニュースではあったが不思議と悲壮感を感じなかったのは、メンバー全員が納得して導き出した答えなのだろうと容易に想像できたから。この「“顔”が見えるバンド」の中心に立つ象徴的存在が、ヴォーカルのTERU。'88年、故郷・函館で幼馴染のTAKUROにバンド結成を持ちかけられタッグを組み、ドラマーからヴォーカリストへと転身。以来、その唯一無二の歌声はGLAYの音楽をGLAYたらしめる決定的要素であり続けている。

圧倒的な明るさと人懐っこさ、思い立ったらすぐ行動に移す実行力の持ち主であり、その名の通り太陽のように全方位を強い光で照らすフロントマン。災害に見舞われ困っている人がいれば、東北であれ熊本であれ、文字通りすぐ飛んでいったTERUのフットワークの軽さはファンの方々ならご承知の通り。

その人柄同様、歌声は遠くまでよく通り、心の奥深くまで届く。凛として艶やかでありながら時折ハスキーにもなる多彩な声色を持ち、限界を突破するように叫ぶ渾身のハイトーンに加え、色気のある柔らかいファルセットにも磨きを掛けた。ヴォーカリストTERUの魅力は歳を重ねるごとに増している。

ソングライターとしての才も発揮

ソングライティング面でも近年活躍が目覚ましい。活動初期から作詞作曲を担ってはいたものの以前はアルバム収録曲に限られており、当人も控え目なスタンスだったが、2014年、リーダーTAKUROから“GLAY EXPO”のテーマソング書き下ろしを一任されて以来、大きく変わった。

疾走感漲る「BLEEZE」を生み出したのを皮切りに、「疾走れ!未来」「HEROES」「空が青空であるために」(いずれもテレビアニメ『ダイヤのA』、『ダイヤのA~SECOND SEASON~』オープニングテーマに起用)、「YOUR SONG」(スペシャルオリンピックス日本公式テーマソング)と手を休めることなく連打。

2018年には函館に念願のスタジオを構え、アーティストとして新たな一歩を踏み出した門出を刻む「はじまりのうた」(『ダイヤのA act II』オープニングテーマ)、自身の父親との関係性を重ねながら書き下ろした「COLORS」(『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』)など、パーソナルな体験や想いを普遍へと昇華するソングライターとしての才を発揮。

最新シングル『G4・2020』収録の「流星のHowl」はアニメ『ダイヤのA act II』第3期オープニングテーマに起用されると同時に、AIRDOと石屋製菓による『BE ONE HOKKAIDO 心を一つに、北海道へ応援メッセージを』の公式テーマソングとしても採用された。

TERU|太陽のごとく全方位を照らすフロントマン 配信ライブシリーズへの想い<GLAY特集>

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。