review

JIRO|バンドの砦を守る漢 鉄壁ベーシストの心の変化<GLAY特集>

       
JIRO|バンドの砦を守る漢 鉄壁ベーシストの心の変化<GLAY特集>

軸ブレないJIROの魅力

10月17日(土)、誕生日当日。札幌ドーム公演の会場をさいたまスーパーアリーナへと変え、2DAYS公演として実施する、との前日の発表を踏まえ、JIROは「ドーム公演がすべて中止となりとても悔しいですが、今できることを精一杯やりたいと思ってます」とレギュラーラジオ番組『BUGGY CRASH NIGHT』(FM802)のTwitter公式アカウントに投稿した。

【関連記事】コロナ禍で際立つGLAYの強さ “ピンチをチャンスに”

JIRO|バンドの砦を守る漢 鉄壁ベーシストの心の変化<GLAY特集>

メジャーデビュー25周年イヤーの2020年、コロナ禍の影響を大きく受けながらも、GLAYはメンバーそれぞれに前向きな発信を続けている。

‘88年、郷里・函館でTAKUROが幼馴染であるTERUに声を掛けて誕生したGLAYに、やがてHISASHIが加入。高校卒業後に上京し、元々は後輩バンドの一員として同じく函館から上京していたJIROを迎え入れ、現在の4人が揃ったのは’92年のことである。

以来、軸がブレることなく最も変わらないメンバーがJIROであり、ある部分で最も変わったのもJIROではないか? そんな2つの観点から彼の魅力を紐解いてみたい。

硬派な職人気質でストイックな鉄壁のベーシスト

JIROは、緻密なタッチで盤石なリズムを刻む鉄壁のベーシスト。長年にわたりサポートを務めるTOSHI NAGAIのドラムと共に、バンドのグルーヴを牽引する要となっている。

ステージでは一歩後ろに佇んで全体を俯瞰しながらサウンドの土台を守りつつ、ときおり前へ歩み出れば絶叫に近い大歓声を巻き起こす。

TAKUROが冗談めかして「JIROにだけ特別な光が当たっている!」などとボヤくこともある人気者だが、当人は自己陶酔的なナルシシズムとは無縁。‘90年代のポップなヴィジュアルイメージを元に先入観を持っていると完全に裏切られることだろう。JIROは硬派な職人気質でストイック、漢の中の漢なのである。


GLAYが伸び伸びと音楽的実験を楽しみながら、あくまでもロックバンドとして存在し続けることに成功しているのは、JIROの厳しいジャッジが砦となっているのではないかと推察する。

GLAYを会社にたとえ、TAKUROが名実ともに社長であるならば、JIROはいわば社内監査役。一つ一つの楽曲、活動の質を精査し、「ロックバンドとしてGLAYが守るべきブランドイメージにかなうかどうか?」「外からの見え方として問題ないか?」といった判断を冷静に的確に下しているように思える。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。