review

HISASHI|パンク精神溢れるアウトサイダーが受け継ぐhideのスピリット<GLAY特集>

       
HISASHI|パンク精神溢れるアウトサイダーが受け継ぐhideのスピリット<GLAY特集>

遊び心満載、アイディアマンぶりを発揮するHISASHI

フォークソングにも通ずる情緒的で実直なメロディーと、キャリアを重ねてなお青春の輝きを失わない瑞々しいビート感、ドラマティックなアンサンブル。‘94年のメジャーデビュー以来、日本という土壌で独自に育まれたロックの正統な継承者として、GLAYは王道を走ってきた。

【関連記事】コロナ禍で際立つGLAYの強さ “ピンチをチャンスに”

そんな中、エッジの効いたアイディアを繰り出すアウトサイダー的ポジションを担うのが、HISASHIである。地元・函館で過ごしていた高校時代、ツインギターの相棒を探していたTAKUROに誘われてGLAYに加入。以来、旺盛な好奇心と尖ったセンス、サブカルチャーへの深い造詣をベースに、高感度のアンテナで時代の空気をキャッチし、バンドに新しい息吹を吹き込み続けてきた。

HISASHIの繰り出すサウンドは、“ギターから出る音”という固定概念から大幅に逸脱した多彩さが魅力。あまりにもギターらしからぬ音色に、シンセサイザーから出ているのか……? と耳を疑うこともあるほど。その一方で、クリアトーンで爪弾く透明感、ピュアさもまた格別。鳴らす音は自由で大胆かつエフェクティヴだがプレイは極めて緻密、寸分の狂い無く正確である。

ソングライターとしても固有の世界観を持ち、「アイ」「coyote,colored darkness」のような疾走感溢れるデジタルなダークロックから、「彼女はゾンビ」「微熱 (A) girlサマー」といったキッチュなポップソングまで、手掛ける曲調も幅広い。メンバーそれぞれがコンポーザーを務め、4者4様の持ち味を堪能できるシングル『G4』シリーズ最新作『G4・2020』収録の「ROCK ACADEMIA」は、サウンド&MV両面において遊び心満載で、HISASHIのアイディアマンぶりを痛感。

歌詞における言葉選びや話法も常に独特。シュールな仮想空間を歌っているようで、実は現実社会への鋭い風刺や熱い想いが潜んでいることもあり、深読みのしがいがある。ストレートでわかりやすい表現は詞曲共に避ける傾向にあるが、実は誰よりも真っ直ぐで温かい心の持ち主なのではないか? と思ったりもする。

フットワーク軽く、ファン層の拡大に貢献

アニメやアイドル界隈にも詳しく、その知識と愛は楽曲提供やプロデュースワークにも発展。好奇心旺盛ゆえにPCやインターネット、SNSを活用し始めたのも早く、「弾いてみた」動画をYouTubeにアップしたり、ニコニコ超会議に出演したり(後にGLAYとしての出演にも繋がった)と神出鬼没。


今年3月には「SOUL LOVE」のギターアレンジ動画を撮影し、コロナ禍により様々なイベントやライブが延期・中止となっている状況への想いを付記して動画投稿した。また、テレビにおいては『関ジャム』でスネ夫のテーマをギターで奏でるなどして話題となり、念願の『タモリ倶楽部』への出演も3度果たしている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。