review

コロナ禍で際立つGLAYの強さ “ピンチをチャンスに”

       
コロナ禍で際立つGLAYの強さ  “ピンチをチャンスに”

10月16日(金)、本レビュー原稿の仕上げ段階に差し掛かっていた折、GLAYのニュースが飛び込んできた。新型コロナウイルス感染症の収束が未だ見えない中、予定されていた札幌ドーム公演を断念、代わって12月19日(土)・20日(日)のさいたまスーパーアリーナ2DAYSを開催する、との発表である。

ファンにも様々な立場があるため、悲喜こもごもの反響を巻き起こすことは予測されたが、熟慮の末の決断だったのだろうことは確信。それは、これまでのGLAYの誠実さを見てきて育まれた信用があるからだ。

本連載では、未曽有の困難に誰もが直面する中、より一層際立って感じられるGLAYの強さ、その魅力を掘り下げ、コアファンの方々以外にも広くお伝えすることを目指す。

デビュー26周年を迎えたGLAYが稀有なバンドである理由

GLAYは‘88年、郷里の北海道・函館市で結成。’94年のメジャーデビュー以降、‘99年の伝説の20万人ライブ『GLAY EXPO’99 SURVIVAL』、ベストアルバム『REVIEW』の出荷枚数500万枚超えなど数々の記録を打ち立て、平成という時代と並走してきた国民的ロックバンドである。

ライブには老若男女が詰めかけ、今や親・子・孫三代にわたる家族ぐるみのファンも少なくない。アコースティックギター1本で弾き語りしても成り立つ情感豊かなメロディーと、その感動を何倍にも増幅させるハートフルなバンドアンサンブル。

4者4様に異なる個性的なキャラクターと、その4人の間にある強い連帯感、会話が始まればたちまち放課後の部室のようなムードになる底抜けの楽しさ。音楽への支持はもちろんのこと、メンバー同士の仲の良さがファンにもたらす安心感と幸福感はバンド多しと言えど群を抜いており、大きな支持理由として挙げられるだろう。

2005年、GLAYは当時の所属事務所から独立。2010年には自主レーベルを立ち上げ、以後、ポニーキャニオンを販売のパートナーとしながらも、インディペンデントな活動を繰り広げている。

独立後は、オリジナルコンテンツ満載のGLAY MOBILE、公式通販ストアG-DIRECT、公式サブスクリプションサービスGLAY appを次々と開設。SNSの普及によって現在のようにアーティスト自らの発信が一般化するよりもずっと早く、GLAYはプラットフォームを整え、自分たち専用のメディアを手にしていた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。