review

有村架純『姉ちゃんの恋人』コロナで深い傷を負った「寂しい人たち」に寄り添う物語

       
有村架純『姉ちゃんの恋人』コロナで深い傷を負った「寂しい人たち」に寄り添う物語
イラスト/ゆいざえもん

コロナ禍後の日本が舞台 『姉ちゃんの恋人』1話

10月27日(火)からはじまった『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジ系 毎週火曜よる9時〜)は、「寂しい人」に寄り添うドラマだった。

2020年、ハロウィーンの頃の東京。ホームセンターで働く安達桃子(有村架純)と配送部の吉岡真人(林遣都)が偶然、出会う。ふたりはどちらも寂しさを抱えていた。

桃子は、9年前、事故で両親を亡くし、3人の弟・和輝(高橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)の面倒を見ている。肝っ玉姉ちゃんで、一見、寂しそうに見えないが、父母の事故死のショックはいまだ癒えず、テレビでそういう事件があると気になってしまう。弟はそれを察知してテレビを消すという配慮をする。

真人は、3年前に父を亡くし、母・貴子(和久井映見)とふたり暮らし。なんらかの事件を起こした過去があるらしく、保護司・川上(光石研)がついて、就職もなかなかしづらく、世間体も気になる。それが彼の人生に影を落としている。

昼間に働いている桃子と、夜勤の真人。交わることのないはずだったふたりが、たまたまホームセンターのクリスマス企画会議で一緒になる。キラキラを楽しめない寂しい人のためのクリスマスがあっていいのではないか。そのためにホンモノのもみの木を飾りたい。ふたりはまったく同じことを提案する。

<今 この星に暮らす僕らは
みんな深い傷を負ってしまっていて。
誰かとつながることに臆病になってるのかもしれない。
でも きっと僕らには素敵なことが待っている。
そう信じて生きていないとダメだよね。
そうだよね 姉ちゃん>

弟・和輝の桃子に向けたナレーションは、桃子のみならず、この星に暮らす人々へのメッセージに聞こえてくる。

そう、『姉ちゃんの恋人』の舞台は2020年の秋で、コロナ禍後の日本である。人々はマスクをしていないし、コロナという言葉は出てこない。それでも、私たちがピンとくる描写がそこそこにある。みんな、手を洗うし、出入り口で消毒する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「有村架純『姉ちゃんの恋人』コロナで深い傷を負った「寂しい人たち」に寄り添う物語」の みんなの反応 1
  • とくめい 通報

    地球、復活しました!→とにかくこの台詞が好きです。早く色んな事が再生してくれるといいなぁ! 真人の心も……

    0
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

姉ちゃんの恋人

姉ちゃんの恋人

人間ドラマの名手・岡田惠和が、有村架純演じる“肝っ玉姉ちゃん”桃子と“イケかわ3兄弟”が一つ屋根の下に暮らす様子を楽しくてあったかい世界観で描く。姉ちゃんの“恋する人”に林遣都。カンテレ・フジ系にて、2020年10月27日〜放送中。

2020年10月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。