『姉ちゃんの恋人』は言葉にできない人間の弱さや脆さをセリフにしようと格闘している
イラスト/ゆいざえもん

※本文にはネタバレを含みます

桃子には真人を全力で守ってほしい『姉ちゃんの恋人』5話

『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジ系 毎週火曜よる9時〜)第5話を見て、そうか、このドラマは真人(林遣都)も主役だったのだと気づいた。

【前話レビュー】真人の凄惨な過去が明らかに…“諦めた”人たちの幸せを願わずにはいられない

タイトルも“姉ちゃんの恋人”であり、姉ちゃん・桃子(有村架純)の好きな真人が、罪を背負い、幸福になることを諦めてしまったあと、どう生きるか……それを描く物語であり、姉ちゃんこと桃子がそこにどう手を差し伸べるか……。

林遣都の映画デビュー作『バッテリー』(07年)を思い出させる、真人のキレのいい投球シーンもあった。

第5話は、Wバーベキュー・デートの続きからはじまった。高田(藤木直人)日南子(小池栄子)のちょっぴりイタイ会話。「バーベ Q」と舌先を「Q」のように口から斜めに出しておどける高田に、大きな声で「衛生兵」を呼ぶ日南子。「こちら1名、いま、心を射抜かれました!」と演劇みたいに大げさな身振り口ぶりで表現するしかないほどのウキウキした気分になっている高田と日南子に対して、真人はいたってシンプルな反応。でもその「楽しかったなあ」「忘れないだろうなあ、今日のこと」という特別でない言葉が、彼のしみじみ楽しかった気持ちが水の波紋が広がるように伝わってくる。

自由に楽しさを謳歌できないし表現することも抑制している真人がいるから、桃子や日南子や高田や、みゆき(奈緒)、和輝(高橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)、ホームセンターの人達が、みんなみんな、自分だけの喜びの表現を駆使しまくっていることが際立つ。

幸薄そうに見えてリア充の沙織(紺野まひる)が、日南子とBARで飲みながら自分の幸福について滔々(とうとう)と語り、桃子の弟たちは、姉ちゃんが好きになった人を見に、ホームセンターの配送所に忍び込み、真人のフォークリフトの操縦に魅入られ、すっかり彼を好きになってしまう。

好きな人がいる幸福がそこにある。

「好きになった人に好きになってもらって、一緒に暮らしている(ことが幸せ)」
「何かに属しているから幸せなわけじゃない」
「恋するとその人のオタクになるんだよねえ」

沙織は酔にまかせて名言を連発する。

日南子は高田の愛用のブランドを買いまくり、桃子はみゆきに恋の相談をしながら「(真人の乗る)フォークリフトになりたいよ」と言い、真人の好きなブランドの服を買って弟たちに見せびらかす。通販のダンボールを開けるときの桃子の「いい音、物欲の音」というセリフが良かった。

川上と貴子の葛藤

いつものコンビニで桃子の恋バナをの聞く役・みゆきは、恋人を前提とした仲良しからはじめようと和輝から言われている。でも、真人の気持ちがわからないと悩む桃子にまだその話を言えない。

恋に悩んだときの気持ちには「濁点がいっぱいだ」と分かち合う桃子とみゆき。「恋におびえるびびりシスターズ」とみゆきは恋に気弱な自分たちを笑い飛ばす。

脈がありそうなのに、なぜか消極的な真人に、もしかして、独り相撲なのであろうかと桃子は「フラれるのやだなあ」と悩む。そのとき彼女の着ている大きめなニットの背中には、リアルな心臓(たぶん)が編み込まれている。

この記事の画像

「『姉ちゃんの恋人』は言葉にできない人間の弱さや脆さをセリフにしようと格闘している」の画像1 「『姉ちゃんの恋人』は言葉にできない人間の弱さや脆さをセリフにしようと格闘している」の画像2 「『姉ちゃんの恋人』は言葉にできない人間の弱さや脆さをセリフにしようと格闘している」の画像3