review

『姉ちゃんの恋人』2話 過去に負った傷が癒えていない真人(林遣都)と桃子(有村架純)の諦念が共鳴する

       
『姉ちゃんの恋人』2話 過去に負った傷が癒えていない真人(林遣都)と桃子(有村架純)の諦念が共鳴する
イラスト/ゆいざえもん

真人の諦念が切ない『姉ちゃんの恋人』2話

『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジ系 毎週火曜よる9時〜)の主人公・安達桃子(有村架純)は肝っ玉姉ちゃん。9年前、事故で父母を亡くしたあと、女手ひとつで、3人の弟・和輝(高橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)を養ってきた。勤務先のホームセンターのクリスマス会議で知り合った配送部の吉岡真人(林遣都)が醸し出す寂しさに共感を覚え心惹かれていく。

【前話レビュー】『姉ちゃんの恋人』 1話 コロナで深い傷を負った「寂しい人たち」に寄り添う物語

1話の終わりで桃子が「吉岡さんみたいな人はバキバキした人と付き合ったりしたらいいんじゃないですかね、たとえば私みたいな」といきなりうっかり言う。

真人もまんざらではない。「あっ! えっ! いやあ」しか言えない彼にとって、なんでもバキバキ言う桃子は楽なのだと思う。彼女といるときの真人の笑顔はとても自然。心底、楽しそうに見える。桃子から来る業務のLINEもすごく嬉しそう。当人はアイコンもカスタマイズしてないくらいで返しもシンプル過ぎるけれど、LINEが励みになっている。

以前、犯罪を起こしていて、保護司・川上(光石研)がついている真人は、過去を引きずり、自分は幸せになれない、なってはいけないと思いこんでいて、いま、クリスマスの準備で、桃子と交流していることはほんの一瞬のことであり、仕事が終わったらまた代わり映えのしない生活に戻るのだと諦めてしまっている。

どんな罪かは詳細はまだわからないが、彼が背負っているものは重そう。その重さとは簡単に比べられないかもしれないとはいえ、真人のこの諦念は、いまの日本の空気に似ている。高度成長期、バブル期と違っていまの日本は貧しく、未来に期待できない。だからできる範囲で生きていこうと思っている若者たち。

<楽しそうに働く人が好きだ。
楽しいことばかりでない仕事に楽しみを見つけることができる人は、生きるという長くて地味な仕事にも楽しみを見つけることができる人だから。
いつかそう言っていたよね、姉ちゃん>

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『姉ちゃんの恋人』2話 過去に負った傷が癒えていない真人(林遣都)と桃子(有村架純)の諦念が共鳴する」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    前半のナレーションで、良い事言うなぁと感動してしまった。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

姉ちゃんの恋人

姉ちゃんの恋人

人間ドラマの名手・岡田惠和が有村架純演じる“肝っ玉姉ちゃん”桃子と“イケかわ3兄弟”が一つ屋根の下に暮らす様子を楽しくてあったかい世界観で描く。姉ちゃんの“恋する人”に林遣都。カンテレ・フジ系にて、2020年10月27日〜12月22日放送。

2020年11月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。