review

Kis-My-Ft2メンバー分析・宮田俊哉|推しを全力で愛し、推しへの愛を叫ぶオタク系アイドル

       
Kis-My-Ft2メンバー分析・宮田俊哉|推しを全力で愛し、推しへの愛を叫ぶオタク系アイドル
いちばん左が宮田俊哉

キスマイ宮田俊哉はオタク系アイドル

10月14日からdTVで独占配信されているオリジナルドラマ『BE LOVE』が話題を集めている。出演はKis-My-Ft2玉森裕太宮田俊哉。2人のユニット曲である「BE LOVE」「星に願いを」「運命」を基にした愛の物語だ。

「BE LOVE」の歌詞の一節には、<なるべくゆっくり歩いていこう 君と ずっと>とあり、愛し合うカップルの日常を舞台に描かれていくのだが、衝撃の展開が待っている……。

今回は、Kis-My-Ft2のメンバー、宮田俊哉(みやたとしや)にフォーカスしてみたい。

焦り、もがいたジャニーズJr.時代

1988年9月14日生まれ。先月、32歳の誕生日を迎えた。『裸の時代』(集英社)では、幼少期について、運動神経なし、夢も特技も趣味もない、成績はオール3の小学生時代だったと告白している。

Kis-My-Ft2メンバー分析・宮田俊哉|推しを全力で愛し、推しへの愛を叫ぶオタク系アイドル
裸の時代/集英社

→Amazonで購入する

2001年にジャニーズ事務所に入所。母親の勧めでオーディションを受けたその日にスタジオで撮影。同期には横尾渉二階堂高嗣がいた。バク転ができずに頑張ってみたが骨折……。ダンスレッスンでは怒られてばかりの日々。次第に「怒られないこと」だけに注力するようになったという。

ジャニーズと聞けば運動神経抜群な人ばかりが集まるように思えるが、ジャニーズJr.の中で劣等感を感じ、焦り、もがいていた時代を赤裸々に語っていた。奇しくも宮田と玉森はひたすら怒られ続けていたというから、今回の2人揃ってのドラマ出演には感慨深いものがある。辞めずに続けてくれてありがとう、という気持ちだ。

ジャニーズ史上初の「オタ芸」を導入した立役者

いくつかのJr.内のユニットを経て、2005年に結成されたKis-My-Ft2のメンバーに抜擢。しかし、玉森、藤ヶ谷太輔、北山宏光の3人にフォーカスがあてられ、次第にグループ内格差が生まれていった。

気づけば崖っぷち……。ここで宮田は、怒られないように動くよりも、挑戦する側へと舵を切った。グループのファーストコンサートで、「キモい男子は美しい」というTシャツを着用し、“宮ゲー”というヲタ芸で勝負に出た。これは、コンサートの打ち合わせでオタ芸を反対されたときに出た言葉。オタク系アイドルの爆誕である。

2011年8月にグループがCDデビューを果たし、コンサートではオタ芸に、グループ内ユニット舞祭組の結成、そして今回のドラマのテーマとなった玉森とのユニット曲と新たな展開をみせている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。