review

『姉ちゃんの恋人』2話 過去に負った傷が癒えていない真人(林遣都)と桃子(有村架純)の諦念が共鳴する

       
弟・和輝の桃子に向けたナレーションの“生きるという長くて地味な仕事”というワードが染みる。生きることって本当に骨が折れるから。

「克服なんて簡単にできることじゃないから」

『姉ちゃんの恋人』の登場人物たちは、その地味な仕事をすこしでも楽しくしようと、ささやかに、ささやかに工夫している。

影が薄いとやたらとからかわれるホームセンターの臼井さん(スミマサノリ)が捨てられた椅子に座った写真を撮りためているのが最たるもの。捨てられた椅子――つまり座られるという本来の役割を果たせなくなった椅子に最後に座る。なんともやさしい供養である。

幸薄いと言われる沙織(紺野まひる)は、じつは夫も子供もいるリア充。そして似合わない冗談を言ったりする。人は見かけによらないということか。これには賛否両論ありそうだけれど、TPOをわきまえてリア充感を出さないように彼女なりに気遣っているのかもしれない。

ホームセンターの上司・日南子(小池栄子)は「頼って、甘えて」と桃子に過剰に語りかける。むやみに明るく、機関銃のようにしゃべるのは、岡田惠和の代表作『最後から二番目の恋』の小泉今日子が演じていたヒロイン千明のようだ。なにもかも達観し、自分の寂しさを自覚したうえの、過剰に明るく、先回りが空回りになりそうな危うさをぎりぎり律する身振り。桃子はさしずめ日南子の下位互換タイプであろう。

『姉ちゃんの恋人』2話 過去に負った傷が癒えていない真人(林遣都)と桃子(有村架純)の諦念が共鳴する
第3話は11月10日放送。画像は番組サイトより

そんな日南子が、配送部の白い歯がまぶし過ぎる高田(藤木直人)とBARで知り合い(臼井の椅子写真きっかけで!)、職場で偶然再会し、いい感じに。おとなのふたりは、距離の近づき方が比較的うまい。桃子と真人も高田と日南子のようになれるといいなあと思う。

桃子と真人も不器用ながら距離を縮めていくが、ふたりとも過去に負った傷が癒えていない。隠していた桃子の心の傷に気づき、傷を克服できないことを悔しがる桃子に、「克服なんて簡単にできることじゃないから。だからもうやめなよ、そんなの、やめな」と寄り添える。過剰な言葉があふれるなかで、真人の「やめな」という短いセンテンスに質量を感じる。

がんばって、元気な言い方で、妄想デートを語り出す桃子。明るければ明るいほど、もの悲しい。夢を見ることは明るく素敵なことのはずなのに、どうしてこんなに哀しいのだろう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『姉ちゃんの恋人』2話 過去に負った傷が癒えていない真人(林遣都)と桃子(有村架純)の諦念が共鳴する」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    前半のナレーションで、良い事言うなぁと感動してしまった。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

姉ちゃんの恋人

姉ちゃんの恋人

人間ドラマの名手・岡田惠和が有村架純演じる“肝っ玉姉ちゃん”桃子と“イケかわ3兄弟”が一つ屋根の下に暮らす様子を楽しくてあったかい世界観で描く。姉ちゃんの“恋する人”に林遣都。カンテレ・フジ系にて、2020年10月27日〜12月22日放送。

2020年11月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。