ジャニーズWESTの“おバカ”ぶりと即興コントがしっかり面白い<柚月裕実の「Weekly“J”」>
イラスト/おうか

柚月裕実の「Weekly“J”」#4<11月22日〜28日>

アイドルファン歴25年超のアイドルウォッチャーの筆者が一週間の出来事からトピックを紹介しようというこのコーナー。今回は11月22日からの一週間をウォッチします。

【関連記事】井ノ原快彦・増田貴久・北山宏光・重岡大毅・岸優太『24時間テレビ』“あったか5兄弟”の活躍振り返り

今回注目したのは、新曲リリースなどお知らせが相次いだジャニーズWESTについて。
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にゲスト出演した濱田崇裕、そしてグループの冠番組『パパジャニWEST』(TBS系)を振り返ります。

おバカ軍団として出演のはずが思わぬ方向へ

24日放送の『踊る!さんま御殿!!』に出演した濱田。今回は「最強おバカ vs インテリ芸人」と題してトークを繰り広げた。

出演者は陣内智則、滝沢カレン、王林、今井アンジェリカ、エイトブリッジ・別府ともひこ、横川尚隆。対するインテリ芸人軍団にはハナコ・岡部大、メイプル超合金・カズレーザー、ラランド・サーヤ。キャラの濃い面々の中で、無事に爪痕を残せるのか!?

初登場の濱田。名前の下には「おバカ/ジャニーズWEST」と書かれていた。
陣内智則によれば、「ジャニーズの濱田はヤバい」という噂が吉本芸人界隈にも届いているという。

「おバカでYou行きなさいとか言われたんやろ?」と明石家さんまから聞かれると、「最初はやっぱり自分のこと“おバカ”とは自覚していなかったんですけど。だけど最近…やっぱオバケなん…」。真面目な表情で語り始めたものの、おバカをオバケと言い間違い。カズレーザーからは「ロケットスタートが過ぎる! 早いよ~」。早速、笑いをもたらしていた。


この日のお題は「私って天才かもと思ったこと」。トークの流れで、緊張するときの対処法について聞かれた濱田。「めちゃくちゃ緊張します」とデビューから7年目を迎えたいまでも緊張すると明かした。

「だから気をつけていることがあって、緊張するときは例えるんですよ。みんなハンバーグ。みんなハンバーグだと思って……ハンバーグを前に緊張しないじゃないですか」と持論を展開。


「って思おうとするんですけど、やっぱりハンバーグじゃないじゃないですか……」。

また、こどもの頃のエピソードを明かし、「しっかりと勉強はしてたんですね。教室も最前列にしてもらって、黒板をしっかりと全部、パーフェクトにとったんですよ。それでもダメだったアホなんです」とした上で、こう続けた。

「唯一天才と思ったのは、小学校の時にジャニーズの番組でバク転してるのを見たんですよ。これ僕もできるかな? と思って、教えてもらわず砂場でやったんです」

見よう見まねでトライしたところ、バク転もバク宙も見事に成功。


「あ! 俺これしかない! で、業界に入ったんですよ」

謎めいたエピソードで笑いをとっていた濱田。出すぎることなく、急に話を振られても、誰も傷つけない話題で笑いをとる。これぞアイドル。今回はおバカキャラで括られていたが、さんまの言葉を借りれば、天才=天が与えた才能という点で言うと、濱田は抜群の身体能力に加えて高い歌唱力の持ち主。YouTubeのJ Storm Officialチャンネルで公開されている「証拠」を観たら、今回の番組で見せた顔とのギャップに驚くことだろう。

他のタレントが話している間も、目を開いて驚いた表情を浮かべたり、時には笑いのツボに入った様子でお腹を抱えて笑ったり。
出演者の話にしっかりと耳を傾けていたのが印象的。濱田の優しい表情や思いっきり笑う姿に、ほのぼの、幸せな気分になった。

ところがこの日の深夜、濱田はさらに腹を抱えて爆笑していた。

ジャニーズWEST全員で出演する冠番組『パパジャニWEST』

24日深夜放送の『パパジャニWEST』(TBS系)。メンバー全員が出演する冠番組だ。この日は、子どもたちの苦手なものを克服するために「大根班と厚揚げ班に分かれて究極のおでんを作ろう!」と題した後半戦を放送した。


ジャニーズWESTの“おバカ”ぶりと即興コントがしっかり面白い<柚月裕実の「Weekly“J”」>
ジャニーズWEST全員で出演する冠番組『パパジャニWEST』。画像は番組サイトより

前回は、大根畑で収穫を手伝ったのだが、濱田の九九が曖昧なことが判明。その後トラクターを運転する姿に反響が寄せられていた。相変わらずのギャップ。

今回は、おでんのだしをとるために、重岡大毅と共に鰹節店を訪れた。削りたてのかつお節をご飯にのせて試食した二人。「やばい!」と目を見開いた重岡。「香りの海に溺れんで! 溺れるから気を付けろよ!」との忠告をよそに、「そんなわけないやろ!」とかつお節ご飯を勢いよくかき込んだ濱田。体をのけぞらせ「あっ!」、重岡が「救急車呼んだ方が」と即興コントがスタート。かつお節の試食でここまでする人たち……。

それをじっと見つめていた店主は、「スゴイですね、圧倒されます。三点倒立したいくらいです」。もう…店主も店主だ。重岡が「3代目もおかしなってきた」とぽつり。すると店主は無言で三点倒立というまさかの行動に……。濱田は右わき腹をおさえながら、身をよじって爆笑。重岡も「いまの映像なに? 幻見た?」と動揺しつつも爆笑していた。

『パパジャニWEST』の放送は深夜だが、メンバーがパパとして子どもと一緒にロケを行っており、親子一緒に視聴できて、かつ、しっかり面白い。ジャニーズWESTだから実現した番組と言えるだろう。

今週はジャニーズWESTのお知らせが続々。2021年1月6日からスタートの連続ドラマ『ゲキカラドウ』(テレビ東京系)に桐山照史の主演が決定。主題歌はジャニーズWESTの新曲「週刊うまくいく曜日」(2021年1月13日発売)が起用される。

シングルは3形態で、表題曲はサンボマスターの山口隆が手掛けた。通常盤のカップリング曲には、若旦那(新羅慎二)による「銀河系」、flumpoolの阪井一生が作曲、作詞はLEGO BIG MORLのタナカヒロキが手掛けた「Change your mind!」が収録される。

14枚目のシングル『証拠』のカップリング曲「間違っちゃいない。」に続いて、重岡大毅が作詞・作曲を手がけた「おい仕事ッ!」も収録と、音楽にも力を入れていく様子。バラエティに加えて、ジャニーズWESTの音楽にも注目だ。

【関連記事】中居正広にバラエティの洗礼を受け、爪痕残したSnow Man
【関連記事】SixTONES『NEW ERA』はカップリング曲にも注目
【関連記事】SixTONES、ジャニーズJr.時代最後のライブが映像化 手を繋いだ6人が潤んだ瞳で見たものは?

Writer

柚月裕実


Web編集/ライター。ジャニヲタ。アイドルがサングラスを外しただけでも泣く涙腺ゆるめな30代。主にKAT-TUNとNEWSですが、もはや事務所担。

関連サイト
@hiromin2013