review

『おちょやん』第4回 千代の継母追い出し作戦「追い出される前に追い出したらあ」

       

『おちょやん』第1週「うちは、かわいそやない」

第4回〈12月3日 (木) 放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

『おちょやん』第4回 千代の継母追い出し作戦「追い出される前に追い出したらあ」
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

ヨシヲが行方不明

千代(毎田暖乃)が父・テルヲ(トータス松本)と鶏の流星丸を売りに行っている間に弟・ヨシヲ(荒田陽向)がひとり山に入り、あいにくの雨で足を滑らせ歩けなくなってしまった。

【前話レビュー】人間の本質を見つめる物語と名優たちの人間力でドラマを見せる心意気

家に帰ってこないヨシヲを村総出で捜索。「ヨシヲ」「ヨシヲ」「ヨシヲ」と第4話でその名が呼ばれた数30回以上(語りなども含み)。これで、千代の弟・ヨシヲの名前をしっかり覚えることができた。

ヨシヲを探して千代まで迷子になってしまうも、それが功を奏してヨシヲを発見。亡くなった母・サエ(三戸なつめ)と弟を守ると約束しているから、怪我して歩けないヨシヲを背負って帰る。小さい子が小さい子を背負って歯を食いしばって一歩一歩前進する姿は涙を誘う。

帰り道、美味しいニオイに誘われて、不思議な食べ物をたらふく頬張っていると、それはブタの餌(食パンの耳)で、ブタの餌を食べたらブタになってしまう……と慄(おのの)く千代。幼さと背伸びが同居する子供の世界を描く第4話。ともあれヨシヲが無事でよかった。

千代 VS 栗子

ヨシヲが行方不明になったわけは、3話栗子(宮澤エマ)が冷たくしたからかと思ったら、帰ってくるまで近隣の小林さんの家に行っておけと言ったのに、ひとりで勝手に出ていったのだと人のせいにする栗子。

嘘を言ってるのか、そのやりとりがカットされてるのか、よくわからないのだが(たぶん省略されている)、いずれにしても栗子は性悪で、子どもたちを奉公に出せばいいと言い出す。

ひどい話であるが、千代は負けない。「追い出される前にこっちが追い出したらあ」と不敵。そこはさすが『半沢直樹』の第一シリーズの脚本を書いた八津弘幸。

『おちょやん』第4回 千代の継母追い出し作戦「追い出される前に追い出したらあ」
写真提供/NHK

千代の考えた作戦はうまくいくかと思いきや、あえなく失敗に終わる。「出ていくのはあんたのほうや」と栗子は高笑い。

『白雪姫』『シンデレラ』『ヘンゼルとグレーテル』など童話に登場する継母そのものの栗子でも、生みの母を知らずに育ったヨシヲにとっては母であって、お腹をさすっていたことを心配して薬草を渡す。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2020年12月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。