review

『おちょやん』3回 人間の本質を見つめる物語と名優たちの人間力でドラマを見せる心意気

       

『おちょやん』第1週「うちは、かわいそやない」

第3回〈12月2日 (水) 放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

『おちょやん』3回 人間の本質を見つめる物語と名優たちの人間力でドラマを見せる心意気
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

生きるちから

「ほんま生きるってしんどいな そう思わへんけ?」
ハードボイルドな少女・千代(毎田暖乃)・9歳。

【前話レビュー】2週間描かれる千代の子供時代 子役豊作の近年、神回誕生に期待

あっという間に出ていった栗子(宮澤エマ)を探しにテルヲ(トータス松本)も出ていって、10日間も戻ってこない。だが三味線を置いていったので、千代は自分を困らせるためであろうと考える。

案の定、栗子はテルヲと戻って来て、隣の小林勝次の父・辰夫(烏川耕一)に妙におしとやかに挨拶。千代の話を聞いて説教してやると息巻いていた辰夫はすっかり栗子の色香に丸め込まれてしまう。

テルヲは栗子にうまいものを食わせるために、千代を連れて流星丸(鶏)を売りに行く。流星丸は、食用ではなく、鑑賞用で、大きなガラス工場を経営している峰岸社長(佐川満男)の開いた観賞用鶏の品評会に出される。が、家ではあんなに鳴いていたのに、なぜか鳴かない。

テルヲは千代に「コケコッコー」と鳴けと無茶振りする。しぶしぶ鳴く千代。のちに上方喜劇の俳優になり、映画やドラマの名脇役となることが紹介されている千代の才能の片鱗がここで見える。声の個性。声量の豊かさ。そして土壇場の度胸。

死んだお母ちゃんが助けてくれた

開き直った千代は「この子の鳴き声は生きるための鳴き声やさけえ」と社長に強気に出る。

「おっちゃんの目は曇りガラスやな」

千代の大切なガラス玉に見覚えがあった社長。亡くなった母・サエ(三戸なつめ)がこの工場で買っていったのだ。この工場で働いていた働き者のサエに免じて、これもなんかの縁やと、社長は流星丸を買う。

意味深に出てきた流星丸、これで退場か……。たとえそうだとしても、「生きるために鳴く」という生き方を提示したことで十分な役割を果たしている。

食用として生きるおおかたの鶏とは違う、鳴いて生きるという道もある。これもまた、芸の道に繋がっていると言えるだろう。千代と流星丸は同じカテゴリー(ひとに見られてナンボの世界で生きる)の仲間である。

『おちょやん』3回 人間の本質を見つめる物語と名優たちの人間力でドラマを見せる心意気
写真提供/NHK

いきなり不穏。弟のピンチ

流星丸を売って得たお金で、勝次(原知輝)にもおはぎのお返しをしようと考える千代。ただの図々しい子ではなかった。ちゃんと義理がたい子でホッとした。

テルヲも、亡くなったサエを忘れたわけではなかった。サエを忘れたくないからこそ、サエとはタイプの違う栗子を後妻に迎えることにした本音を漏らす。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2020年12月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。