今こそ見てほしい超傑作 Netflixクリスマスアニメ映画『クロース』

超絶オススメのクリスマス映画

クリスマスシーズン到来!ということで、クリスマス映画を見たいけど、『ホーム・アローン』は何度も見たし、何か他に良い映画ない? という方に、今年ぜひともお勧めしたいのがこちら! 昨年の今時分配信スタートした傑作Netflixアニメ映画『クロース』だ。

【関連記事】本当にそれで良いのか!? ハリポタ組分け帽子の使い方問題

サンタクロース伝説の誕生秘話

サンタクロースは4世紀ごろのセント・ニコラウスの伝説が起源とされているが、それはそれとして、この映画は、

・サンタは赤い服を着てトナカイが引く空飛ぶソリでやってくる
・暖炉の靴下にオモチャを入れてくれる
・悪い子リストに載るとオモチャではなく石炭が届く
・サンタの家にはエルフが大勢いてオモチャを作っている

などなど、誰もが知るサンタクロースに関するエピソードや、サンタクロース誕生の裏に何があったかを新たな切り口で描く、『バットマン・ビギンズ』ならぬ『サンタクロース・ビギンズ』と言ってもいい作品である。

【あらすじ】
放蕩息子を絵に描いたような自堕落男ジャスパーは、郵便局長の父親により、6000通の手紙に消印を押さねば勘当だと宣告され、北極圏近郊の暗く凍てついた町スミレンズブルクに郵便配達員として送られてしまう。

今こそ見てほしい超傑作 Netflixクリスマスアニメ映画『クロース』

任期は一年。しかし、その町は子供から大人まで、住民同士がクラム族とエリングボー族に分かれていがみ合っており、手紙を出すような人間は誰一人としていない絶望的な町だった。

ある日、木こりでオモチャ職人の男クロースと出会ったジャスパーは、起死回生の打開策を思いつくのだが……

伝説誕生のきっかけは超利己的

早く町を抜け出して、シルクのシーツで寝たいという超利己的な動機で始まったジャスパーの作戦は、オモチャがほしいという子供達のニーズとビタッと合致し、化学反応を巻き起こす。

この記事の画像

「今こそ見てほしい超傑作 Netflixクリスマスアニメ映画『クロース』」の画像1 「今こそ見てほしい超傑作 Netflixクリスマスアニメ映画『クロース』」の画像2 「今こそ見てほしい超傑作 Netflixクリスマスアニメ映画『クロース』」の画像3 「今こそ見てほしい超傑作 Netflixクリスマスアニメ映画『クロース』」の画像4