review

『おちょやん』千代(杉咲花)は恩返しがしたかった――『半沢直樹』かよ!

       

『おちょやん』第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」

第14回〈12月17日 (木) 放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

『おちょやん』千代(杉咲花)は恩返しがしたかった――『半沢直樹』かよ!
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

「恩返し」って半沢直樹か

3週のサブタイトルは「うちのやりたいことて、なんやろ」で、千代(杉咲花)は女優になりたいという心の内を発見するのかと思ったら、そうでなく、「“恩返し”がしたい」だった。半沢直樹かよ! と可笑しいような、拍子抜けしたような。その反面、千代、いい子だなと思う。

【前話レビュー】好きな気持ちも菓子も噂もやめられないとまらない 人間の本能のおかしみ描いた13回

念のため説明すると、今夏爆発的人気を誇った『半沢直樹』(TBS)で人気セリフ「倍返し」に代わる「恩返し」が誕生していた。『おちょやん』の脚本家・八津弘幸は『半沢〜』の第1シリーズの脚本を書いた、いわば、半沢人気の功労者のひとりである。原作小説には一回くらいしか出てこない「倍返し」を極めて印象的に使ったことが成功の鍵のひとつになった。

八津は今夏の第2シリーズには参加しておらず、「恩返し」は別の作家の考えたもの。それを惜しげもなく使用するところがすばらしい。『半沢』と『おちょやん』どっちの脚本が早くできていたかはちょっとわからないけれど。時期としては『半沢』は本来4月に放送予定がコロナで撮影が中断し7月放送に変更された。『おちょやん』は6月クランクイン直後に撮影が中断している。

朝ドラヒロインを見る視聴者の気持ちを代弁するセリフも

早川延四郎(片岡松十郎)シズ(篠原涼子)宛の手紙を渡してほしいと頼まれた千代(13回)。一度は断るが、延四郎の人柄を知るとむげにもできない。

千代から手紙を差し出されたシズは、延四郎との過去の思い出を話す。

出会いは千代と同じくらいの年令のころで、岡安を継ごうと張り切ったもののうまいことできないシズを、延四郎が救ってくれた。

「ちょっとくらい鈍臭いほうが私はほっとするて。そないな子ががんばって一人前になっていくのを見ると、自分も励まされるって」

延四郎がシズに言ったというこの言葉は延四郎のシズへの気持ちと同時に、視聴者の朝ドラヒロインへの気持ちでもあるだろう。“鈍臭い”子が“がんばって一人前になっていく”のを見るのが大好き。

千代も、子供の頃、しょっちゅう転んだり、失敗したりしていたが、その姿を私たちは応援していた。成長した千代はだいぶしっかり者になったけれど、世間を知らず、自分のなりたいものもわからない発展途上。やっぱり応援したくなる。

鈍臭いかどうかはさておき、千代は一所懸命だ。延四郎のおかげでいまのシズがあって、あくまで「恩人」と言い、手紙を破ってしまうシズのことが、気になってならない。

「自分がどないしたいのか、もっとよう考えなはれ。そうせな後悔する」とシズが千代に言ったことを「あれはご寮人さんご自身のことやったんのとちがいますか」と延四郎に会いにいくよう強く勧める。

千代の熱意に押され、シズはようやく決心して延四郎に会いに行くが――。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2020年12月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。