特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る
ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY/ジェイ・ストーム
→Amazonで購入する

嵐の軌跡をたどる特集「嵐、5つの光」(4)

バラエティ番組を筆頭に、報道、テレビCM、ラジオと、毎日のように嵐のメンバーの姿を見てきた。アイドルとしての活動に加えて、5人全員が俳優としてドラマ、映画、舞台に出演してきたのも嵐の実績の一つ。5人揃って出演した映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』があり、それぞれも代表作と呼べる作品がある。

【前回レビュー】特集「嵐、5つの光」DAY 3|小栗旬から岩手在住の一般男性まで 嵐5人の華麗なる(?)交友録

松本潤

堂本剛から続くジャニーズ伝統とも呼べるドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)に続き、2002年には『ごくせん』(同局)に出演。2005年放送のドラマ『花より男子』(TBS系)の大ヒットと共に、嵐人気も高まっていった。

松本の出演作は、2005年『ごくせん 第2シリーズ』、2018年火曜ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)とシリーズ作品が放送されたように、後輩へと繋げてきた。

特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る
花より男子/TCエンタテインメント
→Amazonで購入する

また、『バンビ~ノ!』『失恋ショコラティエ』(いずれもフジテレビ系)と料理人、パティシエ、『ラッキーセブン』(フジテレビ系)では探偵、『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)では天才肌の刑事専門弁護士と、専門職に就く主人公を演じてきたもの特徴といえる。

ライブ演出一つとっても、先進・革新的な演出を手掛けてきたことで知られる松本。細部にまで徹底したこだわりを持つと評されることが多く、大ヒットドラマを手がけた製作陣も、「前作とは違った当たり役を僕らの手で作りたい」と、再び同じスタッフが松本の元へ集まってくるのだから、人を惹きつける能力も持ち合わせている。

櫻井翔

2002年放送のV6岡田准一主演ドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)に、中込フトシ役(通称:バンビ)、二宮和也と共に主演を務めて『山田太郎ものがたり』(同局)と、コミカルな役から、『家族ゲーム』(フジテレビ系)で演じた、「東大合格率100%」が売りの家庭教師・吉本荒野の破天荒な役どころと、振り幅が広い。さらに、キャスターとしての仕事ぶりを踏まえるとそのギャップに改めて驚かされる。

Kis-My-Ft2の千賀健永が悩んでいた際に「自分と闘え」とアドバイスされたと明かしたが、自らにも負荷をかけ続けている。映画『ヤッターマン』の三池崇史監督は、多忙で押しつぶされそうになっている時にテレビをつけたら、昨日一緒に撮影をしていた櫻井が、北京からスポーツ中継をしていた。その姿に気持ちが奮い立ったと明かしていた。

特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る
ヤッターマン/バップ
→Amazonで購入する

映画『神様のカルテ』の続編が決定した際に、深川栄洋監督は櫻井への演技指導はせずに、一通の手紙を渡し、あとは櫻井に託したという。

相葉雅紀

バラエティからドラマ、舞台とマルチな活躍をみせる相葉雅紀。どこへ行っても手塩にかけて育ててくれる“育ての親”に恵まれているのが相葉の特徴の一つと言えそうだ。

亡き志村けんからは、番組出演にあたり「自分が出演する以上は、自ら考え、スタッフに思いを伝えるべき」と教えてもらった。また、仕事に限らず、目上の人と乾杯する際にはグラスを下げることなど、日常の礼儀作法も教わったという。

この記事の画像

「特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る」の画像1 「特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る」の画像2 「特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る」の画像3 「特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る」の画像4
「特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る」の画像5 「特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る」の画像6 「特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る」の画像7