review

特集「嵐、5つの光」DAY 5|いつかまた夢の続きを――最後の最後まで嵐らしい演出で幕を閉じた1日


嵐の軌跡をたどる特集「嵐、5つの光」(5)

「心を込めて準備中!」
――白衣姿の櫻井翔が看板を持って登場。なんだかいつもとキャラが違う。「何なの?」「なんのキャラなの?」と松本潤や相葉雅紀がツッコミ。櫻井ティーチャーの司会でチケットの準備方法などをレクチャーした。

【前回レビュー】特集「嵐、5つの光」DAY 4|全員が優れた俳優としてドラマ、映画、舞台に出演 その功績を振り返る

が、12月31日の「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」に向けて、『みんなで準備だ!TV』と題して映像コンテンツを配信。6分〜10分ほどの映像が全部で10本。視聴方法にはじまり、アイコン用素材の配布、視聴者参加型のコールや歌、当日嵐とファンとが繋がる「MEETS CHANCE」企画と、無観客とはいえライブを楽しむためのアイデアがこれでもかと用意された。最後の最後まで手を抜くことなく、むしろ手厚いコンテンツを用意して当日を迎えた。

ついに活動休止前最後のライブがスタート

12月31日20時。「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」生配信がスタート。途中、NHK紅白歌合戦との中継を挟みつつ、ギリギリまでステージに立ち続けた。

ライブは約3時間に及び、最後は涙を浮かべたメンバーも。配信後もファンからのメッセージを掲載し、最後は嵐メンバーのサインとメッセージも。0時まで心のこもった配信を続けた。

1999年11月3日のデビューから21年。2020年12月31日にひとつの区切りをつけた。無観客配信でもファンと繋がろうと、嵐の愛をたくさん詰め込んだ構成だった。

ファンの気持ちを光に見立て、東京ドームに吸い寄せられるようなきらびやかな映像。会場には大きなミラーボールが設置され、中からメンバー5人が登場した。「ワイルド・アット・ハート」からはじまり、「サクラ咲ケ」「言葉より大切なもの」「Party Starters」と、アップテンポの楽曲で一気にテンションをあげた。

巨大モニターには楽曲の歌詞が映し出され、「常識なんて吹き飛ばせ」と歌い終わると文字が崩れるなど、細かな演出が散りばめられた。歌詞に込めたメッセージを、ファンの胸に刻むように、そして自分たちの胸に叩き込むように、エネルギッシュな歌唱が続いた。

ステージに立つメンバーが、少し視線を下げたところに無数のモニター。リモート参戦するファンとつながった。男性、女性、親子……嵐のファン層の広さを改めて実感した。

メモリアルなステージに華を添えたのは、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、IMPACTors、Jr.SPのメンバー。大勢のジャニーズJr.に囲まれてステージがより一層華やかに。視聴者全員、誰もが初日の参戦。セットリストがシェアされない状況で、次々と繰り出される嵐のパフォーマンスに身をゆだねる。これがまた新鮮だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

オリジナルニュース

オリジナルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。