review

SixTONESの新たな輪郭形作る挑戦 4thシングル『僕が僕じゃないみたいだ』全曲レビュー

SixTONESの新たな輪郭形作る挑戦    4thシングル『僕が僕じゃないみたいだ』全曲レビュー
(c)Sony Music Labels

SixTONES 4thシングル全曲徹底解説

2月17日にSixTONESの4thシングル『僕が僕じゃないみたい』がリリースされる。

【関連記事】SixTONES ジェシー、陽気なキャラと音楽に対する愛情が伝わる歌声で注目を集める24歳の素顔

2020年1月22日、シングル『Imitation Rain』で鮮烈なデビューを飾ってから早1年。2021年1月6日には初のフルアルバム『1ST』をリリースしたばかり。

4枚目のシングル曲はSixTONES初の映画主題歌に起用されたポップソング。2020年に築き上げてきたロックやクールな印象とは異なり、新たなジャンルへの挑戦が続く。

発売に先駆けて、表題曲「僕が僕じゃないみたいだ」をはじめ、通常盤(初回仕様あり)、初回盤A、Bでそれぞれ異なるカップリング5曲の全6曲を一挙にレビューする。

●「僕が僕じゃないみたいだ」
Music & Lyrics:SAEKI youthK
Arrangement:Naoki Itai / MEG / SAEKI youthK

メンバーの松村北斗と俳優の森七菜がW主演を務める、映画『ライアー×ライアー』(2月19日公開)の主題歌。ラブコメディ作品にぴったりの爽やかさと疾走感をまとったポップな曲調。一方、YouTubeで公開されているMVは、SixTONESならではのアーティスティックな世界観で、メンバーの歌唱と表情で、恋に揺れる心情を表している。一曲で映画、ライブ、音楽番組、MVと多面的に楽しめる。

【外部リンク】SixTONES - 僕が僕じゃないみたいだ (Music Video) [YouTube Ver.]

歌詞に<僕>と<君>が頻出する様子からも、周囲が見えなくなるほどの恋、自分を見失ってしまうほどの高まる思い、揺れる心情が伝わってくる。嘘をついたり自分を飾ったり誤魔化したり、衝動的な言動を素直に認めて俯瞰するも抑えきれない様子。

黒背景に映える白を基調にした衣装からは、潔白でありたい気持ちや始まりを感じた。鮮やかなグラフィックは、恋によって日常が彩られていく様子、相手色に染まりたい無垢な気持ちもあるのか。鏡に映る自分、襟付きのシャツからは、自分と相手に誠実であろうとする真っすぐな気持ちを表現しているかのよう。

ラブコメ映画の主題歌に相応しいポップな曲調だが、この先、年齢と共にメンバーの演じる役どころも少しずつ変化していくことを思えば、20代のいまだからこそ歌える楽曲と言える。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。