review

朝ドラ『おちょやん』博打・暴力・破廉恥ダメ。ゼッタイ。検閲下、人間の衝動を芝居でどう表現するか

       

『おちょやん』第12週「たった一人の弟なんや」

第56回〈2月22日 (月) 放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

朝ドラ『おちょやん』博打・暴力・破廉恥ダメ。ゼッタイ。検閲下、人間の衝動を芝居でどう表現するか
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代、新たな芝居に挑む

岡安と福富の家の確執を乗り越え、みつえ(東野絢香)福助(井上拓哉)が結婚。時に昭和4年。仲睦まじいふたりの姿や千代(杉咲花)の俳優としての仕事の充実など、一見、幸福に満ちあふれているような道頓堀。だが、時代はどこか影が差しはじめている。みつえたちの祝言の日に起こったボヤ騒ぎが、その暗示のよう。ハレの日に火事を描くとは、なんだか不吉である。

【前話レビュー】いがみあっていた福富と岡安が子供同士の結婚により雪解けした55回

火事を見に行こうとして千代がぶつかった男の“いかにも”なあやしさ。不穏な音楽が流れ、風の吹く街を思わせぶりなカメラアングルで撮る。

結婚して1カ月、仲睦まじいみつえと福助の姿を真剣に観察しメモをとる千代。次の芝居「若旦那のハイキング」(紙芝居形式で芝居の内容を説明。その紙芝居がかわいい)で、愛する男と心中するほどの強い愛のある娘の役を演じることになったものの、千代にはそういう気持ちがわからないからだ。

役の気持ちを学ぶための体験学習は『エール』の音(二階堂ふみ)もやっていた。「椿姫」のヒロインの勉強にカフェーの女給をやるエピソードである。俳優は演技の引き出しを増やすため、日夜努力しているのだ。

千代は、トランペットの吹き方をみつえが福助に習っている姿を凝視する。その口元がチュウの口に見えて、父・宗助(名倉潤)があたふたするという喜劇性とやたらと真面目な千代の落差。宗助は、嫁いだみつえが心配で、しょっちゅう福富に出入りし、シズ(篠原涼子)に「誰がお嫁に行ったのかわからしまへん」と呆れられる始末。

娘を嫁に出した父の心境を端的に演じる名倉潤。恐妻家な雰囲気も巧く出ている。宗助、福助、福助の父・福松(岡嶋秀昭)、3人とも、元気な妻に振り回されている。でも、夫がこうしておとなしくしているほうが平和という雰囲気。

検閲下、人間の衝動をどう表現するか

一平(成田凌)が描きたいのは、心中しようと考えるまで追い込まれる人間の情動。みつえと福助の出来事をネタに脚本を書いたのだ。一平は一平で、日々の出来事を作品に生かそうとしている。千代は、一平の書いた役の愛情がなかなか理解できないが、生き別れの弟・ヨシヲを想って演じようと考える。

朝ドラ『おちょやん』博打・暴力・破廉恥ダメ。ゼッタイ。検閲下、人間の衝動を芝居でどう表現するか
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年2月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。