review

朝ドラ『おちょやん』一平は千代のことを真剣に好きなのか考える……結論。作家とか俳優はやばい

『おちょやん』第13週「一人やあれへん」

第61回〈3月1日 (月) 放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』一平は千代のことを真剣に好きなのか考える……結論。作家とか俳優はやばい
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

「千代…俺と一緒にならへんか」

最愛の弟・ヨシヲ(倉悠貴)に端を発する休演問題もいったん解決し、千代(杉咲花)一平(成田凌)の関係が急展開をはじめた。求婚、引っ越し、襲名と襲名即辞退……と人生のイベントが矢継ぎ早に描かれ、ますます盛り上がる『おちょやん』。

【前話レビュー】千代、弟と涙の別れ それもこれもすべて子供を責任もって育てない親のせい

「済ませること済ませてますから」と『おはよう日本 関東版』の高瀬アナがいささか下衆い言い方で表した千代と一平の仲。12週でお芝居のうえとはいえ、ふたりは接吻を交わした。これですこし距離の縮まったふたり。ヨシヲがヤクザ者の道を選び去っていき、孤独を噛み締める千代に、一平は自分の孤独を重ね「ひとりやあらへん。俺がおる」と抱きしめたところまでは12週で描かれた。13週はその続きから。

千代「もう大丈夫や」
一平「大丈夫やあらへん」
千代「大丈夫や」
一平「おれが大丈夫やあらへん」

感極まって、「おまえは俺と一緒や」「千代…俺と一緒にならへんか」と求婚する一平。
一平の気持ちは止まらない。一方、千代はそこまで成熟してないから戸惑う。

脅迫による休演を経て再開したお芝居で、「若旦那のハイキング」のクライマックスを再び演じると、ここにも「わてらずっと一緒や」「お前をもう離さへんで」というセリフが一平にあって、それと現実を重ねた千代は芝居に身が入らない。

「千代千代千代千代……」とスクラッチみたいに映像がリフレイン(回想場面に再現イラストまで挿入されていた)。このとき、いやや〜というふうに顔をそらす千代と困惑する一平の表情と、奥でハラハラする劇団員たちが可笑しい。

それにしても、接吻は舞台の上、求婚はアヴァン。『おちょやん』ではヒロインの恋愛と結婚が重要視されていないように見える。通常のドラマだったら、こういうところはその回のクライマックスに設定されるはず。そうではないところがこのドラマの独特なところだ。なぜ、こういう描き方なのか。一平の感情から考察してみよう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イベント」に関する記事

「イベント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イベント」の記事

次に読みたい「イベント」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年3月1日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。