review

朝ドラ『おちょやん』千代、弟と涙の別れ それもこれもすべて子供を責任もって育てない親のせい

『おちょやん』第12週「たった一人の弟なんや」

第60回〈2月26日 (金) 放送 作:八津弘幸、演出:盆子原誠〉

朝ドラ『おちょやん』千代、弟と涙の別れ それもこれもすべて子供を責任もって育てない親のせい
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

ヨシヲって誰や?

長らく離れていたヨシヲ(倉悠貴)の激しい心の内を知る千代(杉咲花)。放火事件は一件落着したものの、姉弟の仲は修復できず、涙の別れを迎える。親の無責任のせいで、子供の居場所がなくなって、不幸が生まれる。現代にも通じる問題提議が描かれた。

【前話レビュー】千代、それはヤバイぞ! 愛する人のために、お金を貢ぐタイプ

劇場を放火しようとしていたところ、老婆に変装した千之助(星田英利)に阻止されたヨシヲ。そこに、千代と一平(成田凌)も駆けつける。すでに大山社長(中村雁治郎)が手を回して、ほかの仲間は撤退したと言う一平。

「蛇の道は蛇」と言うように、大山社長の力が絶大であることと、祠(ほこら)に集まっていたほかの仲間はなぜヨシヲに「作戦はなくなった、撤退するぞ」と連絡せずに、自分たちだけ帰ってしまったのか、手打ちしたのに放火したら問題になるだろう、ということが同時に頭をよぎった。

通常ならヨシヲがトカゲのしっぽ切りをされたという悲劇的展開になるわけだが、朝ドラではさすがにそこまで踏み込まない。とはいえ、このままではヨシヲの立ち場が宙ぶらりんである。そんなとき、千之助の存在が役に立つ。

放火を止めた千之助に、「毎晩、夜回りしてくれてはったんですか」と一平が言うと、「たまたま稽古していただけ」と誤魔化す千之助。「ヨシヲのことは見なかったことにしてくれませんか」と頼まれ、「ヨシヲって誰よ?」とボケるが、一平はスルーして、先に岡安に向かった千代とヨシヲを追いかける。ひとり残る千之助。

「見なかったことにして」と言われて、ああ、とかいうのも野暮だから、誰よ?とボケたものの、一平がそこに反応しなくて取り残されるという、芝居だったら滑った感じに。おそらく千之助は、もっと一平に乗っかってほしかったに違いない。先代が、地震のときに一緒に鳥の真似をしてくれたように。

千之助の人生は、舞台の上でも下でも、常に、面白いことを追求しているのであろうということが、アヴァンのわずか1分で描かれた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年2月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。