review

朝ドラ『おちょやん』酒と女で母を泣かせた父を許せないのに女性にデレる一平の矛盾 「芸の肥やし」とは

『おちょやん』第13週「一人やあれへん」

第62回〈3月2日 (火) 放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』酒と女で母を泣かせた父を許せないのに女性にデレる一平の矛盾 「芸の肥やし」とは
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

芸の肥やし

京都篇の登場人物たち(カフェー・キネマのメンバー)が再登場した。にわかに起こった襲名問題をきっかけに、一平(成田凌)は別れた母を探しに京都へ向かう。一平の母の捜索篇がはじまった。

【前話レビュー】一平は千代のことを真剣に好きなのか考える……結論。作家とか俳優はやばい

12週は、長年の懸念事項だった千代(杉咲花)と弟との関係が、ある意味、解決したので、今度は一平の番。千代と一平が父母の愛情に飢え、孤独であることで結びついているので、お互いが家族の問題に向き合うことで、ふたりの関係が更新されていくという構造が見える。

一平が父と母を乗り越えて一人前になる通過儀礼のお膳立ては千代がする。

鶴亀株式会社の大川社長(中村雁治郎)に命じられた天海天海の二代目襲名を一平が断った理由は、亡くなった父(茂山宗彦)にわだかまりがあるからだ。「天海天海になるくらいだったら役者辞めるわ」と言う一平に「どのみちおまえみたいなものが天海名乗るんは100億年早いんじゃ」と千之助(星田英利)は厳しい。

「襲名」とは親もしくは師匠の名を代々継ぐこと。江戸時代は商人なども代々同じ名前を継ぐことがあったが、その慣習は歌舞伎や能、落語などの伝統芸能の世界に未だに残っている。代々同じ名前を継ぐことがその人物の芸の成長の証であり、格が上がる。

襲名披露の行事は興行にも良い影響を与えるため盛大にやって盛り上げる。天海のモデルの渋谷天外の場合、京都撮影所の守衛を演じていた渋谷天外は三代目で、二代目が一平のモデルである。

俳優にとって襲名は大事。大川社長は天海天海の名を継がないのなら、一平を雇っている価値はないと言う。

一平は父がどんなに芝居が巧くても、酒と女で妻子を泣かせたことが許せない。それを芝居仲間は「芸の肥やし」だと言う。千代は一平も女性好きであることを鋭く指摘する。

そう、一平は、矛盾を抱えている人物なのである。一平が新しい演劇をやろうとしているのは父を乗り越えたい想いもあるだろう。でも、どうしても父に似てしまうことから逃れられないのである。

このようになぜか、千代より一平の物語に力を入れて描いているような印象を受けるのは、作家が同性だからであろうか。男性が女性好きなところを「それは男の悲しい性(さが)ってやっちゃ」と漆原(大川良太郎)に説明させ、福富の旦那(岡嶋秀昭)がうんうん頷くカットまで入れてくる。男性の言い分を丁寧に描いているのだ。それもステレオタイプの。

朝ドラ『おちょやん』酒と女で母を泣かせた父を許せないのに女性にデレる一平の矛盾 「芸の肥やし」とは
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年3月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。