review

朝ドラ『おちょやん』親に捨てられたのか、親を捨てたのか――視点の違いで見るものが変わること描く

『おちょやん』第13週「一人やあれへん」

第63回〈3月3日(水)放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』親に捨てられたのか、親を捨てたのか――視点の違いで見るものが変わること描く
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

母を探して、京都へ

一平(成田凌)と母親・夕(板谷由夏)の再会は思いがけない展開に。

【前話レビュー】酒と女で母を泣かせた父を許せないのに女性にデレる一平の矛盾 「芸の肥やし」とは

幼い頃、父の放蕩により家を追い出された母のことが忘れられない一平。ようやく、母を見つけたものの、その再会は、とても苦いものだった。

世にも哀しき、複雑にもつれた末に崩壊していく夫婦や親子の人間模様と、いやな記憶には蓋をしてしまう人間の性(さが)をわずか15分の間に書き込んでいく筆力と演じる俳優たちの熱はなかなかのものだ。

芸のこやしと放蕩の限りを尽くす天海(茂山宗彦)に家を追い出された夕が京都にいるらしいと、千之助(星田英利)から聞きだした千代(杉咲花)は一平を連れて京都へ。カフェー・キネマの人たちの協力を得て、店の客から情報を聞き出しはじめる。

「やっぱりうまいこといきませんがなあ」と平田(満腹満)が悲観的なことに対して、マスター(西村和彦)「諦めちゃいけない。勝負はこれから」と楽観的。その結果「映画みたいや」という都合のいい流れに。

常連客のひとりで千代贔屓だった原(小林幸太郎)が手がかりを知っていた。

原の名前も一平で、その名をきっかけに、幼い頃、海で一平と名前の由来を語り合った思い出を話してくれた夕という人物が、嵐山の旅館「夕凪」の女将をしているという。

嵐山の旅館といえば、千代のモデルである浪花千栄子が晩年、「竹生」(ちくぶ)という旅館を嵐山で営んでいた。それが彼女の終の棲家になったのだが、そのエピソードを一平の母の話にもってくるとはひねっている。

一平の記憶違い

旅館を訪ねると、夕は一平に冷たく当たる。役者になったと聞き、「あほやなあ」とあざ笑う夕に、芝居のことしか頭になく、夕を泣かせてばかりいた父を見返したくて役者になったと言うと、「私が男つくって勝手に家出たんや」「あんたら捨てたんのは私のほうや」と夕は真実を明かす。

そこで一平は、母が男(京都の大地主)と去って行く姿を見ていたことを思い出す。思い出したくないいやなこととして、すっかり忘れてしまっていたのだ。そのとき響く音が印象的。一平の固まった真っ黒なビー玉のような目も。

あわせて読みたい

板谷由夏のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年3月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。