review

朝ドラ『おちょやん』私のために笑い、泣いてくれる人です――祝・千代と一平が結婚

『おちょやん』第13週「一人やあれへん」

第65回〈3月5日(金)放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』私のために笑い、泣いてくれる人です――祝・千代と一平が結婚
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます
迷い苦しんだ末、一平(成田凌)は天海天海を襲名、さらには襲名披露で、千代(杉咲花)との結婚を発表した。

【前話レビュー】『おちょやん』自分を駆り立てていた父への恨みが間違いだったと気づいた一平の心情は…

大きな拍手で千代と一平の門出が祝われる、良い朝だった。ドラマはここで折り返し地点を迎えたといっていいだろう。65回を振り返りながら、『おちょやん』とはどういう物語なのか分析する。

杉咲花が演じる千代の魅力

幼い頃、母・夕(板谷由夏)に去られた一平(子役:中須翔真)は化粧をして「お母ちゃんみたいになりたかったんや」と、父・天海(茂山宗彦)と、心配して家に来たハナ(宮田圭子)を笑わせる。

それをきっかけに、天海は芝居の台本を書く気力が沸き、「親子雀」が生まれた。第10話で上演された父親が幽霊になって子供の元に現れる話である。

ハナから聞いた話を千代は一平にして、役者を辞めるなと諭す。泣く一平。弟・ヨシヲ(井上拓哉)のときは一平が千代を抱きしめたが、今度は千代が抱きしめる。

「生きるってしんどいのう。しんどいのう…」

「しんどいのう」を2回繰り返すことで重みが増す。とりわけ千代はこれまでずっと辛い人生だったから、染みた。

杉咲花は、映画『トイレのピエタ』や『湯を沸かすほどの熱い愛』などお腹の中にマグマのように溜まった人間の怒りや悲しみを小柄な体から溢れ出させたときが最も映える俳優で、彼女が千代を演じているのはそこを買われているからだろう。映画『十二人の死にたい子どもたち』では終始淡々としていたが、後半、セリフのみで説明される彼女の役のヘヴィなバックボーンに説得力があったのも杉咲花の力であろう。

「笑いと涙の隙間は紙一枚や」という人生観

「あんたはひとりやあらへん、うちがいてる」と千代に励まされた一平は、天海天海を襲名し、二代目となった。

襲名披露で「先代である父の思いに」気づいたと語る。そのとき、横にいる千之助(星田英利)の表情がぴくりとなる。

一平が父の葬式のときのエピソードをおもしろおかしく語ると、千之助はなかば食い気味にくすくす笑う。それが観客に笑っていいという斥候(せっこう)のような役目を果たしている。一平の話は、父の葬式のときのことで笑っていいのかちょっと微妙であるからだ。千之助が笑っていれば、観客も安心して笑うことができる。おそらく彼なりの一平へのフォローなのであろう。また、千之助が愛してやまない先代・天海への思いでもあるだろう。

朝ドラ『おちょやん』私のために笑い、泣いてくれる人です――祝・千代と一平が結婚
写真提供/NHK

一平は、ここまで自分を助けてくれた千代と結婚すると挨拶。「私のために笑い、泣いてくれる人です」と紹介する。

あわせて読みたい

板谷由夏のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年3月5日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。