review

朝ドラ『おちょやん』ハナが亡くなりチャップリン来日 そしてみつえには長男・一福

『おちょやん』第14週「兄弟喧嘩」

第66回〈3月8日(月)放送 作:八津弘幸、演出:小谷高義〉

朝ドラ『おちょやん』ハナが亡くなりチャップリン来日 そしてみつえには長男・一福
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

結婚から3年、千代の不満が募る

「今日もいい天気やな」
千代(杉咲花)一平(成田凌)は結婚。一平は天海天海を襲名。それから3年が過ぎた、昭和7年、千代は和髪から洋髪になり、ちゃっきちゃきの女将さんに成長した。

【前話レビュー】『おちょやん』私のために笑い、泣いてくれる人です――千代と一平が結婚

襲名、結婚発表の65回の視聴率は18.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)で番組最高。ここから後半戦、盛り上がりに期待したい。

13週の勝因として考えられるのは、親子の物語。別れた母と子、亡くなった父と子の、哀しいお話。それぞれの愛情が素直に伝わらないもどかしさとそこに差し込む一筋の光。こういう話に人は弱いのである。

第14週は、夫婦関係と、千之助(星田英利)万太郎(板尾創路)の兄弟関係が中心になる。またしても本音と裏腹の意地の張り合いがありそうだ。

さて、千代と一平の家には、毎日、毎晩、鶴亀家族劇の劇団員が飲みに来て、そのまま雑魚寝して、朝、千代の味噌汁を飲む日々。一平は、せっかく作った朝食もとらず、思いついた台本を書きはじめる。

その日は、千代たちの結婚のあとほどなく亡くなったハナ(宮田圭子)の月命日。一平を家に残し、ひとりお参りに岡安に来た千代は、シズ(篠原涼子)に愚痴る。

ここでびっくりなのは、ハナさんが亡くなってしまったこと。亡くなる前に、千之助とハナだけが知っていた一平の母問題が解決してホッとしたことであろう。襲名披露で「二代目」と声をかけて満足したのかと思うが、亡くなって残念。

シズは千代に「離縁し」とすすめる。家庭を顧みず、芝居のことばかりで、ついでに飲んでばかりの一平なら結婚している意味はないからと。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年3月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。