review

朝ドラ『おちょやん』千代・一平・千之助――切り捨てられた人たちの物語

『おちょやん』第14週「兄弟喧嘩」

第68回〈3月10日(水)放送 作:八津弘幸、演出:小谷高義〉

朝ドラ『おちょやん』千代・一平・千之助――切り捨てられた人たちの物語
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

「鶴亀勝てん劇だからや」

千代「うそつき」
万太郎「なんやと」

【前話レビュー】団結せねばならぬ局面にギスギスし始める鶴亀家庭劇

万太郎(板尾創路)千代(杉咲花)の組み合わせが良い。ふたりがサシで話をする場面に不思議な味わいがあった。ゆったりとどこかズレたへんな万太郎が相手だと、千代のきつい言い回しも中和される。

万太郎一座と鶴亀家庭劇。どちらが世界の喜劇王チャップリンに会えるか。次の公演で面白いほうが選ばれるとあって、千之助(星田英利)は暴走し、自分で台本を書いて主役をやると言い、その独善的な内容に劇団人を戸惑わせる。

千之助に命じられ、小山田正憲(曽我廼家寛太郎)が万太郎一座に潜入。台本を盗んだ容疑で責められているところを千代が助けに入る。多人数の万太郎一座と、たったふたりの千代と小山田。困っていると、そこに万太郎がやって来た。独特のゆったりした口調で、冗談ばかり言う。

「そない大きな声で俺のこと褒めんといて」
「息子がいつもお世話になってます」
「鶴亀勝てん劇だからや」(だから万太郎一座には勝てない)

座員たちは、そのつど笑う。独特な独裁的なムードに千代と小山田は困惑する。

「難儀なこっちゃなあ」(千代)

だが万太郎は台本を盗み読みしたことは問わず、いくらでも読んでいいと自信満々。次は万太郎十八番を日替わりでやると企業秘密を明かす。

千代に卵を渡して去っていく万太郎を追いかける千代。卵を小山田に渡して。ひとり残された小山田は「塩が欲しいな」とつぶやく。このゆるりとした、笑わせようとしているのかそうでもないのか、よくわからないへんなムードは、小山田がいつの間にか万太郎の世界に入り込んでいるようにも見える。世界全体の空気を支配する男・おそるべし万太郎。

「鶴亀勝てん劇」はちょっとおもしろかったのと、小山田が「このわしが体を張って聞き出したことはまあ礼には及ばぬ」と調子に乗るところはよかった。こういうのがずっとあるといいのに。

「お父さんを自殺に追い込んだんか」

千代に千之助と万太郎に何があったか聞かれて、「ええ? わて、そないあいつ(千之助)に恨まれてるの?」ととぼける万太郎。面倒くさいと言いながらも、千代に急かされ過去の話をする。

このとき千代は「いいなずけを寝取ったんか、お金だましとったんか、お父さんを自殺に追い込んだんか」と第67回で噂になっていたことを聞くのだが、この「お父さんを自殺に追い込んだ」は、八津が同じく手掛けた『半沢直樹』みたいである(工場を経営していた半沢直樹のお父さんが銀行に融資をしてもらえなくて自殺してしまったことが、半沢と大和田の確執の原因。これは原作にはなくドラマのみの設定)。

朝ドラ『おちょやん』千代・一平・千之助――切り捨てられた人たちの物語
写真提供/NHK

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年3月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。