review

朝ドラ『おちょやん』自分を駆り立てていた父への恨みが間違いだったと気づいた一平の心情は…

『おちょやん』第13週「一人やあれへん」

第64回〈3月4日(木)放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』自分を駆り立てていた父への恨みが間違いだったと気づいた一平の心情は…
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

一平、襲名する

母の思い出を作り変えていた一平(成田凌)の通過儀礼。思い出補正を正すときが来た。それは長らく憎んできた父・天海天海の名を継ぐことでもある。渋く歯ごたえのあるエピソードだった。

【前話レビュー】『おちょやん』親に捨てられたのか、親を捨てたのか――視点の違いで見るものが変わること描く

京都・嵐山で旅館を営んでいる母・夕(板谷由夏)に会って、父・天海(茂山宗彦)が夕を捨てたのではなく、夕が男を作って去っていったことがわかった。わかったというか、本当は一平もそれを知っていたが、母が見知らぬ男と去っていく姿の記憶に蓋していたのだ。

母にはっきり言われて思い出し、絶望する一平。衝撃が大きいと笑ってしまうもの。転げ回って笑う一平の姿が悲壮だ。まさに主題歌の歌詞にある<泣き笑いのエピソード>。

夕の事情を知っていたハナ(宮田圭子)の予想どおり、一平も千代(杉咲花)も心が疲れ果て、とぼとぼと京都から帰って来た。

一平は、襲名を承諾することを決める。岡安の前まで来たものの、立ち寄らず帰っていく一平。千代が母に会わせたことを「堪忍な」と謝ると、「痛かったやろ」と千代の頬を優しく撫でる、その手つきに寂しい気持ちが灯る。

真相はどうであれ、結果的に襲名することになったわけで。

千代「ほな、してやったりやわ」
一平「まんまとな」

千代と一平はそう納得する。こんなときでも、屈折した言い回しをしてしまうふたり。いや、こんなときだから、そうなってしまうのだろう。そういう状況にサキタハヂメのゆわ〜んとした曲が似合う。

翌日、二代目天海を襲名することが発表され、道頓堀はにわかに盛り上がる。岡安にも襲名披露公演を観る人たちの予約がたくさん入る。

いなり寿司と一平の手

第64回は場面転換が流れるようになめらかにリレーされていた。道頓堀の小料理屋→岡安の台所→一平の少年時代→現在の一平、と次々移り変わる場面のなかに、共通するものをそっと忍ばせる。これだけ丁寧に描いているのは、とても重要なエピソードなのであろう。心して観なければ。

冒頭、道頓堀の小料理屋。鶴亀家庭劇、主に天海一座のメンバーが集って、一平の母の真実について噂話をしている。天海が残された一平のことを思って、自分が夕を追い出したと悪役を買って出た事実を噛みしめる一同。その事実を知っていたのは千之助(星田英利)ともうひとり――

そう振って、場面は岡安の台所へ。そこにはハナが帰ってくる一平のために料理をこさえている。すりこぎでこするとろろ芋の白くてふわりとした優しさがハナの精一杯の心のようだ。その素振りから、もうひとりの知っている人はハナであることがわかる。

朝ドラ『おちょやん』自分を駆り立てていた父への恨みが間違いだったと気づいた一平の心情は…
写真提供/NHK

あわせて読みたい

板谷由夏のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年3月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。