review

亀梨和也×松村北斗 “ながこま”コンビもSNSを沸かせた『レッドアイズ 監視捜査班』を振り返る

3月27日の放送で最終回を迎えた『レッドアイズ 監視捜査班』。画像は番組サイトより

悲しい過去背負う響介演じる亀梨和也主演のサイバークライムサスペンス『レッドアイズ』

3月27日に最終回を迎えた『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)。最新鋭の監視システムで事件解決に導くKSBC(神奈川県警捜査分析センター)を舞台にしたサイバークライムサスペンス。主演の亀梨和也をはじめ、松下奈緒、シシド・カフカ、木村祐一、趣里、松村北斗(SixTONES)と個性的なキャストが揃った。

【関連記事】「レッドアイズ 監視捜査班」今度はHuluで始動 シシド・カフカ、松村北斗、木村祐一出演

『レッドアイズ 監視捜査班』振り返り

「今日は遅れないでよ? ちょっとサプライズがあるの……」
「気が合うな。俺もあるんだ、サプライズ」

イルミネーションが輝く横浜市西区。日本丸メモリアルパークで伏見響介(亀梨和也)と恋人の結城美保(小野ゆり子)が待ち合わせていのだが……。

「響介、助けて……」

ビデオ通話に映るは、額から血を流した美保。震える声で伏見の助けを求めた。「大丈夫だ、絶対に探し出す」――その言葉も叶わず、愛する婚約者を失った。そして美保のサプライズ報告は「妊娠6週目」。誕生するはずの新しい命まで奪われた。衝撃的な幕開けの第1話。

「俺がやってる浮気調査と変わりませんね」――元神奈川県警捜査一課の刑事だった伏見。当時の先輩だった島原由梨(松下奈緒)の誘いで、KSBC特別捜査官の仕事を伏見探偵事務所のメンバーと共に請け負う。チームで凶悪犯に立ち向かいながら、伏見は美保を殺した犯人を追った。

物語が進行するにつれて壮大な犯罪計画が明らかに。一方でKSBCの人間模様も描かれた。「響介さん、そこ右」天才ハッカー小牧要(松村北斗)。冷静沈着、頭脳明晰。ハッキングで実刑を受けた小牧だが、伏見から必要だと声をかけてもらい人生に希望を見出した。

元自衛官でシングルマザーの湊川由美子(シシド・カフカ)。夫からのDVに耐え兼ねた末に、事件を起こし、刑事時代に伏見に逮捕されたが、伏見とタッグを組む相棒に。犯罪心理学専門の元大学教授で、プロファイラーの山崎辰二郎(木村祐一)も仲間の裏切りによって前科がある。壮絶な過去を背負った元刑事の伏見をはじめ、メンバーそれぞれに深い傷を負っていた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク