review

LUNA SEA特集 #4|真矢 熱く人間的なドラミングで魅せる一方、静寂の存在を浮き彫りにする名手

LUNA SEA特集 #4|真矢 熱く人間的なドラミングで魅せる一方、静寂の存在を浮き彫りにする名手

結成30周年! LUNA SEA特集 #4|真矢

歌心が手に取るように伝わってくる、熱くて人間的なドラミング。LUNA SEAのドラマー真矢のプレイに感じる個性をキャッチフレーズ的に表すなら、そんな言葉選びになる。ステージではJ(Ba)と共にリズムとグルーヴの鍵を握り、RYUICHI(Vo)の真後ろでその歌唱を支える、LUNA SEAサウンドの土台となる人物だ。

軽妙でユーモア満載のトークと朗らかな人柄も愛されており、ライヴのMCではオチを担当。真矢のいるところに笑いあり。音楽家としての活動に留まらず、バラエティー番組などで活躍する姿はファンだけでなく世の多くの人々が知るところである。


2020年にスタートした結成30周年記念ツアー『LUNA SEA 30th Anniversary Tour 2020 -CROSS THE UNIVERSE-』は、新型コロナウイルス感染症の影響で延期・再延期の末に2021年6月、待望の再開。ベテランバンドとして落ち着くどころか依然として刺激を求め、むしろ加速し続けている。

その魅力の源を改めて考える中で浮かび上がってきたのが、一見ムードメーカー的に見える真矢の果たす、とある大きな役割だった。それは、真矢こそLUNA SEAにおける神秘性の担い手なのではないか? ということ。以下、史実を踏まえながら考えを巡らせていく。


能楽師を親に持ち、能はもちろん、和太鼓など日本の伝統芸能に幼い頃から触れてきた真矢。ロックドラマーを目指していたというより、とにかく太鼓を叩くこと自体が好き。そんな真矢が高校時代に同級生だったSUGIZO(Gt,Vln)と出会いバンド活動を共にすることとなり、後にJとINORAN(Gt)が在籍していたLUNACYと合流。RYUICHIが最後に加わって1989年、現在のLUNA SEAが誕生する。

1996年12月、活動休止に突入する直前に横浜スタジアムで開催されたライヴ『真冬の野外』において、360°回転ドラムによるアクロバティックなパフォーマンスで度肝を抜いたのが象徴的だが、真矢は“魅せるドラマー”として観客を楽しませ、存在感を示してきた。コロナ禍の今は実施が難しいものの、スティックを振り下ろしては止め、耳に手を当ててファンの「真矢!」コールを繰り返し求めるドラムソロは恒例で、会場中が笑顔になる大切な時間だった。


レコーディングもライヴも、長時間掛けて何度も繰り返すよりは、短時間で深く集中し力と魂を注ぎ込むタイプ、という印象。2019年末のさいたまスーパーアリーナ公演ではPearlの最新型電子ドラムe/MERGEを導入し、世界初披露した。真矢がこだわる音の分離が素晴らしい上にまとまりも良く、これほどまでにエレクトリックドラムというのは進化しているのかと驚愕。同時に、新しいことに果敢に挑戦し、メーカーや技術者と共にテクノロジーを進化させていこうとする真矢の心意気にも感動した。


LUNA SEAの楽曲は近年一層ジャンルレスで多彩になっており、必然的にそのイメージを表現するために求められるドラムの音色、表情も多様化。瞬時に音の切り替えが可能な電子ドラムを取り入れることは、レコーディングで構築したサウンドをライヴで再現する上でも、ある意味必然であった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「音楽」に関する記事

「音楽」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「音楽」の記事

次に読みたい「音楽」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク