review

LUNA SEA特集 #5|J 炎の如く情熱を燃やし続けるロッカー、絶対的存在感の雄々しきベーシスト

LUNA SEA特集 #5|J 炎の如く情熱を燃やし続けるロッカー、絶対的存在感の雄々しきベーシスト

結成30周年! LUNA SEA特集 #5|J

LUNA SEAの熱きロック・ベーシスト、J。数ある代表曲の一つ「ROSIER」の原曲を生み出したのはJで、SUGIZO(Gt,Vln)のギターソロに乗せ英詞を読み上げ、シャウトの後にマイクスタンドを勢いよく放り投げる一連のパフォーマンスは痛快。

コロナ禍による制約で、残念ながら観客は歓声を堪えなければならないが、何度観ても、こうして思い出すだけでも鳥肌が立つ、ライヴに欠かせない見せ場であり続けてきた。

大きく両脚を開いて重心低くベースを構え、力強いピッキングから繰り出すサウンドは凛として躍動的。頼れる兄貴として多くの後輩アーティストから慕われ、このご時世となる前はダイヴ多発の熱狂空間だったソロライヴには多くの男性ファンが詰めかける、同性にとっての憧憬の的でもある。


炎の如く情熱を燃やし続けるロッカー、絶対的存在感の雄々しきベーシスト。Jのパブリックイメージをキャッチフレーズ化するなら、そのような表現が思い浮かぶ。そんなJが、あるいはそんなJだからこそ、LUNA SEAの最新オリジナル・アルバム『CROSS』(2019年12月)の世界で彼が見せている新たな一面は驚きをもたらし、人物像へのさらなる興味を掻き立てている。

中学時代にINORAN(Gt)と出会ったJは、高校生になるとLUNACYを結成。別のバンドで活動していたSUGIZOと真矢(Dr)が合流し、最後にRYUICHI(Vo)が加わって現在の5人体制のLUNA SEAとなったのは1989年のことである。

人と同じことをしていたら生き残れない激戦のライヴハウスシーンをLUNA SEAは勝ち抜き、Jは自分にしかない固有の表現を徹底的に磨いていく。


Jの表現の根底に感じる気高さと品性

1997年のLUNA SEA活動休止期に、他のメンバー同様Jもソロ活動をスタート。以来、20年以上にわたりベース&ヴォーカリストとしてキャリアを積み上げ、11枚のオリジナル・アルバムをコンスタントに発表、精力的なライヴ活動を繰り広げてきた。

アメリカン・ロックのヘヴィーなサウンド、うねるようなグルーヴ感を基軸に、グランジやオルタナティヴのエッセンスも織り交ぜながら生み出されて来た数々のJソロ曲たち。1stアルバムのタイトル『PYROMANIA』は放火魔を意味し、ファンクラブ名「Pyro.」もそれにちなんでつけられている。タイトル曲「PYROMANIA」は今なおライブの定番であり、曲中、ファンがフロアでライターで炎を一斉に灯す場面には感動で溜息が零れる。


また、コロナ禍における挑戦として開催してきた無観客配信ライヴでは、リアルタイムで寄せられるファンのコメントを積極的に読み上げ、一体感を損なわない温かいコミュニケーション空間を立ち上げていた。放火魔だなんて大胆不敵で物騒で、行儀の良さとは掛け離れたコンセプトだが、なぜか嫌悪感が全く湧かないのは、Jの表現の根底に気高さ、品を感じるからかもしれない。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク