review

LUNA SEA特集 #2|SUGIZO 弱者のために声を上げ続け、音楽を捧げる、稀代のロックスター

LUNA SEA特集 #2|SUGIZO 弱者のために声を上げ続け、音楽を捧げる、稀代のロックスター

結成30周年! LUNA SEA特集 #2|SUGIZO

LUNA SEAのギタリスト、ヴァイオリニストであり、メインコンポーザーのSUGIZOX JAPANには、YOSHIKIに乞われ、またLUNA SEAメンバーからの後押しも受け、熟考の末2009年に正式加入。HIDEのパートを担うだけでなく、バンドが未来に向かっていくために力を尽くしている。

サイケデリックトランスの始祖であるJUNO REACTORのメンバーとしてもワールドワイドに活躍してきた。97年にスタートさせたソロ活動では、電子音楽と生演奏のハイブリッドによる唯一無二のスタイルを確立、近年ではモジュラーシンセイザーも自ら操作。また、サイケデリック・ジャムバンドSHAGを昨年12年ぶりに復活させ、即興演奏を磨き、憧れのBLUE NOTE TOKYOのステージにも立った。

少年時代から愛してやまない『機動戦士ガンダム』40周年プロジェクトでは音楽監督を務め、LUNA SEAとして主題歌を務めるのみならず、数々の楽曲プロデュースも手掛けた。


このように音楽家としてだけでも多様な顔を持つが、社会活動家としても意欲的に発信。戦禍で傷付いた人々に寄り添い、難民支援に取り組み、核に反対し、震災や台風に見舞われた街に身一つで駆け付けボランティア活動に勤しむ。世界平和が叶わない限り、自分の幸せはない――そう本気で思っていることに疑いの余地がない、驚くほどに純粋な男がSUGIZOなのである。

自分ではなく、他者のために

両親共にオーケストラ団員という家庭でクラシックの厳しい英才教育を受けて育ったSUGIZOは、幼少期はその環境に苦痛を覚えながらも、楽典に則った緻密で構築的な作曲能力を身に付け(時にはあえてそれを無視し)、ロック、ジャズ、ファンク、ソウル、テクノ、ニューウェーブ、現代音楽、各国民族音楽や邦楽……とジャンルも国境も超え多種多様な音楽を咀嚼し、独自の配合でポピュラーミュージックとして編み上げる偉才である。


高校の同級生である真矢と意気投合し、ベーシストとしてバンドマンとしてのキャリアをスタートするが、ほどなくギタリストに転向。カモメやイルカの鳴き声のように聴こえる神秘的なフレーズも、野獣の咆哮もしくは猛り狂うエンジンのような轟音も、ファンキーなグルーヴを持つカッティングも、全てに一瞬で「SUGIZOの音だ」と判る刻印がある。

LUNA SEAのライヴでは特に、立ち居振る舞いも壮麗で、吹き上がる風を受けジャケットの裾をなびかせながら大胆に仰け反る姿には、大見得を切る歌舞伎役者に送られるような拍手喝采が湧き起こる。そのようなパフォーマンスは元来、自らが注目を求めるためのアピールであるはずで、活動初期はそうであったかもしれないが、SUGIZOは最早その境地にはいない。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月6日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク