review

『おかえりモネ』第60回「僕はある人の人生を奪いました」菅波が過去を話し始める

『おかえりモネ』第12週「あなたのおかげで」

第60回〈8月6日(金)放送 作:安達奈緒子、演出:一木正恵〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第61回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


23年前、駅伝の選手だった朝岡(西島秀俊)は大事な試合で天気を読み間違え、競技の途中で棄権したことをリベンジしたくて気象予報の道を歩んだ。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第60回掲載中)

リオ・オリンピックの選考会で天気を読み間違えて落選した鮫島(菅原小春)。どちらも熱中症によって実力を出し切れなかった。

2016年、朝岡と鮫島が出会い、天気を制してオリンピック選考を勝ち取ろうとしている。もっと精度を高めるには医者も必要で。百音(清原果耶)菅波(坂口健太郎)に頼んでみるが……。

第60回は、広島平和記念式典の中継のため、8時35分過ぎからはじまった。広島に原爆が落ちたのは1945年8月6日(月)午前8時15分。朝ドラは2010年『ゲゲゲの女房』から8時開始になるまでは8時15分開始だった(第2作『あしたの風』以降)。朝ドラが毎日変わらない平和な朝の祈りだと感じるのは8時15分はじまりだったからかもしれない。8時に繰り上がってからもその想いは変わらないのではないか。ちなみに長崎は8月9日(木)午前11時02分。

カッコいい、鮫島

「自分が自分のためにって一生懸命やっていることが誰かのためにもなったらって。それ、いちばん良いかもしれないです。鮫島さん、さすがです、カッコいいです」

百音は鮫島の肩をマッサージしながら言う。人のため、人のためと思ってやってきたことが空回りしてきた百音だったが、莉子に「けっきょくは自分のため」と言われた言葉が気になっていた。

それに比べて鮫島は「100%自分のため」と言い切る。彼女のその強い気持ちに周囲は協力を惜しまない。自分だけでは難しいことをどんどん人に頼って実現していく鮫島。借りをたくさん作るし返したいとは思うけど、彼女の姿を見て元気になる人がいたら……。彼女に協力した人たちだって自分の力を伸ばせたりして充実感が満たされる。この持ちつ持たれつ感が大事なのだ。

「恩返し」ではなく「恩送り」という言葉がある。借りた相手に返すのではなく、借りた感謝をまた別の人に返すという先に繋いでいく行為である。人の役に立つことにだって多様な方法があることを百音は学んでいく。

『おかえりモネ』第60回「僕はある人の人生を奪いました」菅波が過去を話し始める
写真提供/NHK

菅波の過去も明かされる

朝岡に続き、菅波の過去も……。彼はなぜ「あなたのおかげで」と言われることにことさら警戒心を抱くのか。それは彼の過去の経験によるものだった。

菅波の重い告白に至るまでに小さな出来事が積み重なる。鮫島バックアッププロジェクトに医者が必要→菅波に頼もう→ムリムリ→明日美(恒松祐里)に相談したら「菅波先生に頼めばいいじゃ〜ん」とプッシュされる→電話するかひとしきり悩む→電話する→登米で電話を受けた菅波が森林組合の人たちとサヤカ(夏木マリ)にからわかれる→百音がもにょもにょとはっきりしないことを言う→東京に菅波が戻る。なぜか汐見湯で留守番させられている。→菅波がついに過去に言及……という流れ。

生真面目で誠実なドラマだと感じるのがこのあたり。おそらく今週はこのドラマにおける重要なテーマ(人の役に立つこととは)を描かなきゃならない正念場なのであろう。菅波が百音に過去を告白する、そのためになんとか登場人物たちを有機的に関わり合わせようとひと苦労しているように感じる。テーマも生真面目で表現の仕方も生真面目で、この生真面目さが好ましくはある。

この記事の画像

「『おかえりモネ』第60回「僕はある人の人生を奪いました」菅波が過去を話し始める」の画像1 「『おかえりモネ』第60回「僕はある人の人生を奪いました」菅波が過去を話し始める」の画像2 「『おかえりモネ』第60回「僕はある人の人生を奪いました」菅波が過去を話し始める」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

西島秀俊のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西島秀俊」に関する記事

「西島秀俊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西島秀俊」の記事

次に読みたい「西島秀俊」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク