review

『おかえりモネ』第62回 今日はドラマに加えて『おはよう日本』高瀬アナの謝罪について

『おかえりモネ』第13週「風を切って進め」

第62回〈8月10日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第63回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


奥手の百音(清原果耶)菅波(坂口健太郎)が相合い傘で一緒に帰る第一歩。ただそれだけのことで、明日美(恒松祐里)からは「小学生か」(第61回の菅波の独白と同じ)とじれったがられるが、百音はどこ吹く風。アヴァンの前の百音のなんともいえない口元と目元の動きが、ずぶの新人では絶対出せない滋味があった。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第62回掲載中)

暑さに弱い鮫島(菅原小春)のサポートに良い方法を発見した。菅波の知識と百音のアイデアが合わさってできたことで、ふたりの仲は地味に進展しているといえるだろう。

そんな頃、百音は21歳の誕生日を迎える。汐見湯で大家の菜津(マイコ)、職場の同僚の莉子(今田美桜)野坂(森田望智)内田(清水尋也)、車椅子マラソンの鮫島、幼なじみの明日美が集まって誕生会。お祝いの題字は宇田川で、これがなかなか芸術的であった。

残念ながら菅波は登米に行っていて欠席。送信されてきたメールは相変わらずそっけないが、登米で患者に手当している菅波の手は第61回の百音の手当と呼応している。

実家から百音に送られてきた荷物(誕プレなのか)の中にかつて菅沼が誕生日に百音に贈った中学理科の教科書が入っている。百音にとってはそれが何より大事であるような表情と余韻。この教科書がなければ気象予報士として今、東京にいないかもしれないし、菅波ともここまで親しくなっていない。

すべてのはじまりと言っていい教科書。窓辺に座って教科書を見てうっすら微笑む百音。そこへ風が吹いてくる。百音の想いは教科書を持ったその手にあふれているように見える。冒頭と終わり、清原果耶の芝居の耐久力が光った。

「プレゼントもけっきょく何も……」と菜津が謝るのは理科の教科書を際立たせるためだろう。さほど忙しそうでない菜津だから何かしら用意できるだろうし、このようなパーティーを開くのだから別にささやかなものでも贈ればいいじゃんという気もしないでない。みんなからいろいろもらったけど、理科の教科書がいちばん大事でもいいと思うのだが、価値観は人それぞれである。

その価値観について、ちょうど考えさせられたことがあった。『おはよう日本 関東版』の高瀬アナの謝罪である。

『おかえりモネ』第62回 今日はドラマに加えて『おはよう日本』高瀬アナの謝罪について
写真提供/NHK

朝ドラ送りで謝罪

『おかえりモネ』第62回放送前、『おはよう日本 関東版』で高瀬アナが「(8月6日の放送で)その後に放送する広島平和祈念式典とは関係のない連続テレビ小説についてコメントしてしまいました。お叱りご指摘ありがとうございました。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

6日は『おはよう日本 関東版』の放送後は広島の平和記念式典の中継で、『おかえりモネ』はその後の放送にズレることが決まっていた。例年、8月6日だけは朝ドラの放送時間が変更になる。にもかかわらず、なぜかその日「おかえりかモネ」と高瀬アナは森下絵理香アナに振って彼女を慌てさせた。

「えーとえーと、檜山さ−ん。何も考えてなかった」と森下は気象予報士の檜山靖洋に振り、彼もまた何も言えず(もともといつもアドリブの返しが得意でないように見受けられる)、そのまま番組は終わり、広島の平和記念式典の中継がはじまった。

代わって中継アナの「新型コロナウイルスによって被爆地広島の声は届きにくくなっています」「(終戦から76年)壮絶な被害を直接訴える機会があとわずかと考えています」という深刻なトーンとその前の高瀬たちのわちゃわちゃしたテンションには大きな差があった。いかがなものかと思う人がいてもおかしくない。ここは「『おかえりモネ』は『平和式典』の後の放送になります」と伝えることが最適だったのだろう。

朝ドラの楽しみのひとつに、ドラマそのもののみならず、その前の番組『おはよう日本』の高瀬アナの「朝ドラ送り」や後の情報番組『あさイチ』の華丸大吉の「朝ドラ受け」なども観て楽しむことがある。

「朝ドラ受け」が本格化したのが、2010年度前期の『ゲゲゲの女房』から。それまでも何かしら他の番組で朝ドラに反応することはあったが、注目されるようになったのは、『ゲゲゲの女房』の後に放送される『あさイチ』で井ノ原快彦がコメントするようになったのがきっかけと言われている。井ノ原のスター性によってコメントが目立つようになったのであろう。

彼とコンビを組んで司会していた有働由美子の「受け」も視聴者の気持ちを見事に代弁して、有働、井ノ原の朝ドラ受けのコンビプレーはある種の芸の域に高められていく。

この記事の画像

「『おかえりモネ』第62回 今日はドラマに加えて『おはよう日本』高瀬アナの謝罪について」の画像1 「『おかえりモネ』第62回 今日はドラマに加えて『おはよう日本』高瀬アナの謝罪について」の画像2 「『おかえりモネ』第62回 今日はドラマに加えて『おはよう日本』高瀬アナの謝罪について」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク