review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第14回「幸せになれ」安子に命の炎を託し逝った杵太郎 大和田伸也が名演

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第3週「1942-1943」

第14回〈11月18日(木)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉


※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第15回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせしています


「幸せになれ。幸せになれ。幸せに……なれ」

「稔は出征することになりました」というナレーション(城田優)の後に、もんぺを履いた安子(上白石萌音)がいつもの神社でお参り。そこへ「あんこ、久しぶりじゃな」と勇(村上虹郎)が現れる。稔(松村北斗)のことを祈っていることを察する勇。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜14回掲載中)

展開が早いなと思ったら、畳み掛けるように「杵太郎は腰痛が悪化したうえに肺を患っていました」と再びナレーション。今日は土曜日の週の振り返りだったかと一瞬考えてしまった。が、その後はじっくりと描かれる。

寝込んだ杵太郎(大和田伸也)。看病する安子。「美味しゅうなれ。美味しゅうなれ。美味しゅうなれ」と小豆を炊く夢を見ていたと安子に話す杵太郎。甘い香りが安子からすると言い、「幸せになれ。幸せになれ。幸せに……なれ」と呪文を唱える。「幸せになれ」の言い方が3つ全部違う。大和田伸也の名演技。

そしてこの時の照明が印象的だ。布団に暖色系のピンスポが当たり、そこだけぼうっと浮き上がって見える。それはまるで杵太郎の命の灯火のようにも見え、寄り添う安子にもその灯が染み込んでいくようで。ふたりの体がマッチのようにあたたかい光に包まれ、童話の世界みたい。なんて汚れのない人達だろうか。

小さな行李を取り出して、中から杵太郎の愛用していた足袋を取り出すひさ(鷲尾真知子)。真っ白い足袋を取り出して、杵太郎の傍らに顔を埋めた。人が亡くなるシーンは悲しい。けれど、杵太郎とのお別れはたくさんの思い出とあたたかい愛情が感じられて、寂しいけれどそれだけではないものになっていた。人間は皆死ぬ。だからせめてその時間を大切なものにできたらいいなと感じる。

その後、金太(甲本雅裕)千吉(段田安則)に会った時、「どうか悔いのないように、息子さん(稔)を送り出されてください」と言う。「悔いのないように」という言葉に主題歌「アルデバラン」の歌詞<きっといつか儚く枯れる花 今私のできるすべてを>を重ねてしまう。杵太郎は「たちばな」の仕事を息子に託し、安子には「幸せになれ」と命の炎を託していったのだ。

足袋とお汁粉が原点

稔が12月に出征するというのに千吉は銀行の頭取との縁談を進めようと躍起になっていた。ラジオからは多くの学生たちが出征していく様子が流れている(1943年10月21日、明治神宮外苑の出陣学徒走行会の模様であろうか)。

見かねた勇は千吉に自分が頭取の娘と結婚すると言う。なんて健気な勇。野球もできなくなって自棄になっているところもありそうだ。それにしても勇はばんからなとこもあるし、浅はかなところもある反面、妙に達観したところもあって、多層的で魅力がある。

千吉もなんだかんだ言いながら自分のしていることに引っかかりを覚えているように見える。ふと、好物の「たちばな」のおはぎが食べたくなって店を訪れるが、この時世、おはぎは置いてなかった。本当におはぎが食べたかったのか、安子の姿を見にきたのかはわからない。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第14回「幸せになれ」安子に命の炎を託し逝った杵太郎 大和田伸也が名演」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第14回「幸せになれ」安子に命の炎を託し逝った杵太郎 大和田伸也が名演」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク