朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第8週「1951-1962」

第37回〈12月21日(火)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第37回 心は安子、体は雪衣…本能に抗えない勇のやるせなさ
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第38回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


勇ちゃん!

センチメンタルな回だった。誰かがそばにいてくれないと人間は生きていけない弱い生き物なのだと、ポロロンと奏でるギターの哀愁のメロディがその気持ちを募らせる。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜37回掲載中)

安子(上白石萌音)がアメリカ人と仲良くしている姿を見て、やけ酒をあおって帰ってきた勇(村上虹郎)雪衣(岡田結実)は「無様ですね」「雉真の坊っちゃんの面目丸つぶれじゃね」と言い放つ。

雪衣は時々、女中の身分を超えてくるところがある。その理由がわかる。勇は当たり前のように雪衣を部屋に留まらせようとする。

雪衣「ひでえ人じゃね。今もたった今も安子さんのことを思とるくせに」
勇「わかっとるんじゃったら出ていきゃあいいが。出ていけえ」

そのあとは描かれないが、朝、算太(濱田岳)が起きてトイレ(?)に向かうと、勇の部屋から雪衣がなんともいえない満たされたような表情で出てくる。

例えば、大河ドラマ『青天を衝く』でも、主人公・渋沢栄一が酒の席で働いていた女性に靴下を繕ってもらい部屋に届けてもらったとき、なんの躊躇もなく自信満々にぐいっと部屋に引き込んでいた。その後、その女性は妊娠し妾的な存在になり、本妻たちと一緒に暮らすようになる。

勇も本命は安子だが、それとこれとは別で、雪衣と関係をもっていたからこその、雪衣の思わせぶりな態度であったのだろうと合点がいく。何もなくただ雪衣の片思いなだけだったらあんなに勇にしなをつくるように目配せしたり、安子と算太に対して強気に出たりしないよねえとナットクナットク。

心は安子、体は雪衣……本能に抗えない勇のやるせなさだけが際立っていく。それは勇だけではなく、安子のなかにもあるのではないだろうか。たった数ヶ月しか一緒に生活できなかった稔(松村北斗)と死に別れて孤独な未亡人。優しさと教養をくれるロバート(村雨辰剛)に癒やされ惹かれていくことも無理はない。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第37回 心は安子、体は雪衣…本能に抗えない勇のやるせなさ
写真提供/NHK

ただ安子の場合は、異国の人とコミュニケーションすることで稔の夢である世界の人と繋がっていきたいという気持ちを受け継いでいるという意味合いもあるだろう。いつまでもアメリカと勝ち負けにこだわる勇では安子と稔の理念には合わないのである。

安子役が上白石萌音でなければ、もっと生々しい“女”感があったかもしれないが、そうすると朝の番組らしくなく密度が濃くなってしまっただろう。上白石萌音だったから小豆の呪文が似合う“物語”になって良かったんじゃないかなと感じる。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第37回 心は安子、体は雪衣…本能に抗えない勇のやるせなさ」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第37回 心は安子、体は雪衣…本能に抗えない勇のやるせなさ」の画像2 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第37回 心は安子、体は雪衣…本能に抗えない勇のやるせなさ」の画像3