朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第8週「1951-1962」

第38回〈12月22日(水)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第38回 雪衣「うっ…」るい「I hate you」視聴者「!!!!」
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第39回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


るい!

「なんでこないなことに」――。
安子編からるい編へ――怒涛の展開だった。別れ、誕生、再会、成長……世界の縮図がそこにある。それはかなりの痛みを伴っていた。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜38回掲載中)

雨に映える青もみじ。梅雨のように見えるが春。るい(古川凛)の入学式の日。彼女はひとり列車に乗っていた。お母さんのことを思いながら。顔が稔(松村北斗)に似ているが、ひとり列車に乗って会いたい人に会いに行く強い精神力は安子に似ている。

その頃、お母さんの安子(上白石萌音)は「るい…るい…るい」とうわ言を繰り返し……。目が醒めたら、そこにはロバート(村雨辰剛)がいた。

大阪に算太(濱田岳)を探しに来て倒れてしまった安子。「入学式!」と起きあがるが、「もう間に合わないでしょう」と冷静なロバート。「なんでこないなことに」と嘆く安子。本当に「なんでこないなことに」の第38回。

「わたしはただ当たりめえな暮らしがしたいだけなのに」とるいをやさしく抱く稔を妄想する安子。そんな彼女をロバートはアメリカに誘い、「アイラブユー」と抱きしめる。

運悪く、それをるいが外で目撃していた。ここは大阪の物置を改装した場所? それでるいは見当つけて訪ねてきたの?

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第38回 雪衣「うっ…」るい「I hate you」視聴者「!!!!」
写真提供/NHK

「るいを置いてはいけません」と断ったところまで見ないまま、るいは雨の中、ひた走る。そこで蘇るのは、雪衣(岡田結実)のるいを“女手ひとつで育てることを諦めて雉真家に返した”という言葉だった。ほら、やっぱり幼い子にへんな言い方をすると影響を及ぼしてしまうのだ。るいは自分が母に捨てられたと確信してしまったのだろう。

そんな罪深い雪衣がさらに罪深いことになるとは……。

「るいが私の幸せです。なによりもるいがいちばん大事なんです。一緒に暮らせなんでもええ、るいのそばにおりてえ。るいは私の命なんです」と安子はるいファースト。

入学式に間に合わないことをわびるため岡山に電話したら、千吉(段田安則)から「るいがおらんようになったんじゃ」と聞き、土砂降りの中、るいを求めて走る。岡山に急ぎ戻る。

「るい…るい…るい」とるいのことで頭も心もいっぱいの安子。岡山でもるいを探す人たち。定一が店で物憂げに「オン・ザ・サニーサイド・オブ・ザ・ストリート」をかける。ひなたの道を求める歌と、土砂降り。そこにきぬ(小野花梨)が産気づき、雪衣がつわりをもよおし、定一のひとり息子で戦争に行った健一(前野朋哉)が帰って来る。別れ、誕生、再会、雨とサニーサイド……人生の縮図である。

「るい…るい…るい」

大阪駅でみつかって連れ返されたるいがやけになって家から出てくると、ちょうど安子が帰って来た。「るい!」とすがりつく安子に、「二度と会いとうねえ」と冷たいるい。額の傷を出して、「I hate you」とだけ言って戸を閉める。

愕然となる安子に、きぬの生まれた子の産声が響き、安子がるいを生んだときのことが蘇る。安子の中のどうしようもない娘への愛情を、これから生まれる子どもと母、長らく待ち続けた息子の帰還を迎える父という様々な親子愛を重ねることで、安子とるいの物語が普遍的な親子の情にまで高まった。

さらにいえば、出産と帰還の喜びと妊娠?の驚きによって、安子とるいの悲劇が幾分緩和されて見える。これだけだとしんど過ぎるから、いろんな出来事が分散されてよかったように思う。

るいに拒絶され、呆然となった安子が雨のなか、土手を降りていくと、ロバートがやって来た。安子は「私をアメリカにつれていって」と英語でお願いする。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第38回 雪衣「うっ…」るい「I hate you」視聴者「!!!!」」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第38回 雪衣「うっ…」るい「I hate you」視聴者「!!!!」」の画像2 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第38回 雪衣「うっ…」るい「I hate you」視聴者「!!!!」」の画像3