review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第39回「るい18歳」を演じる2代目ヒロイン・深津絵里のすごさ

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第8週「1951-1962」

第39回〈12月23日(木)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第39回「るい18歳」を演じる2代目ヒロイン・深津絵里のすごさ
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第40回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


るい編へ

戦争がはじまるニュースからはじまって、モノクロ仕立てで「これまでのお話」をるい(深津絵里)を中心に描く。これまで安子(上白石萌音)中心だった物語を別の人物から見ることがおもしろい。これが『カムカムエヴリバディ』の三世代構成の面白さであろう。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜39回掲載中)

それにしてもラジオのニュース速報の音楽(ジングル)は地震速報と同じくらい不穏な気分になる。軽やかなのに怖いのはいつの時代も変わらないようだ。

1962年。雉真繊維を一代で築いた千吉(段田安則)が病床に伏せっている。傍らに社内報のようなものが置いてあって、芸が細かい。

「足袋は作りつづけてくれ」と勇(村上虹郎)に託すと、「足袋は雉真の一番バッター。いずれまた打順が回ってくることがある」と応じる勇。このセリフから考えると、安子はカムカムの一番バッターであり、いずれまた打順が回ってくることがあったりしないだろうか。

安子はアメリカに行って何をしているのか。ロバートとはどうなったのか。「I hate you」のあと、一回もるいと会ってないのか。疑問は尽きない。この謎が解けるとき、安子の打順が回ってくることになるのではないだろうか。

「跡継ぎも作ってくれたしのう。思いもかけん形だったが」と千吉のセリフによって、第38回のあの「うっ」のことだろうとピンと来る。その時の勇の表情が微妙。

「心残りはるいのことじゃ。声を出して笑うことものうなって」とさらに続ける千吉。跡継ぎができてもるいを大事にしてくれていたんだなと思ってホッとした。で、跡継ぎの母親と言ったらーー

雪衣(岡田結実)である。タイトルバックにも「雉真雪衣」となっていた。彼女は千吉の葬儀の日、喪服で朝ドラ『娘と私』の最終回を観ている。ということは1962年3月30日。勇と結婚し、男子・昇を生んだ彼女は最終回を観てからでないと動かないというたくましさを見せる。しっかりした妻になったんだろうなあ。

熱烈な恋愛でもなくお見合いでもなく、勇と雪衣みたいになんとなく結婚してなんとなく続いていく夫婦の形もある。雪衣の態度といい、昇が葬式の日に勉強していることといい、その様子を見るに、もしかしたら千吉は雪衣と昇にはさほど愛情を注がかなかったのかもしれない。るいのほうを大事にしていたのかもしれない。

そう思うと千吉ってやっぱりいい人。あくまで想像ですが。少なくとも雪衣とは折り合いがよくなかったのではないだろうか。

葬式の日に勉強する経験が筆者にもある。祖父の葬式のとき机に向かっていた。それは悲しすぎて誰とも話したくなかったからで、そのとき、親族で撮った写真でも影に隠れるようにしてひとり仏頂面をしていた。昇はそういう感じでもなさそうだ。

『娘と私』とは

『娘と私』は栄えある朝ドラの第一弾。61年の4月から1年放送されて、62年の3月30日に最終回。最終回は主人公の「私」が大切に育てた「娘」が外国に旅立っていく姿を見送る。アメリカに旅立った安子と重なり、“娘と私”というタイトルも安子とるいの関係と重なる。ただし、『娘と私』の主人公は父親。朝ドラの最初は男性が主役なのである。そして、娘の母は外国人であった。

朝ドラ第一弾は、国際結婚した父と娘を軸に、娘を生んだ妻と育てた妻への想いを描く斬新設定ながら、実際にあった話を元にしている。文豪・獅子文六の自伝的小説を原作にしているからこその説得力なのである。この題材をチョイスした当時のNHKは格が違う。

葬式というのに家族が揃わない。るいもいなくて勇は河原に探しに行くと、るいが物思いにふけっていた。喪服のるいは勇とキャッチボールしながら岡山を出る決意を語る。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK朝ドラ第105作目。ラジオ英語講座とあんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~2022年4月8日放送。

お買いものリンク