植城微香、今後のライブに向けて“全開”宣言「勢い引き連れてみんなのもとに現れたいな」

植城微香、今後のライブに向けて“全開”宣言「勢い引き連れてみ...の画像はこちら >>



2018年、19歳で路上ライブを中心に音楽活動を始めた植城微香さん。洋楽に影響を受けたスケールの大きな楽曲と華のあるステージングが魅力のシンガーソングライターです。

2019年には、テレビ朝日系『ミュージックステーション』で、年間150本のライブを行うシンガーソングライターと紹介されるなど、早くも注目を集めました。2021年末には、日本テレビ系『歌唱王~歌唱力日本一決定戦~』にて、番組史上初のギター弾き語りスタイルで出演し、鮮烈な印象を残しています。そして今年6月15日、初の音源「24 hours」で、配信デビューを果たしました。

今回は、そんな植城さんに、今後のライブへの意気込みや、シンガーソングライターとして叶えたい夢などについて伺いました。



ーー今後はライブへの出演も決まっていますが、意気込みなどあれば、お聞かせください。
 
国歌独唱をさせていただいて、デジタルリリースもさせていただき、その後のライブとなるので、この勢い引き連れてみんなのもとに現れたいなと思っています。



それと、このリリースに向けてTikTokライブを沢山していたのですが、そこで新しく出会ってくださったファンの方もいて、初めて私のライブに来てくださる方もいると思うので、いつもの植城微香全開のステージで楽しんでもらえるよう、練習沢山がんばります!



デジタルリリース後、みんなと会えるの楽しみにしてます!
 
ーー今後チャレンジしてみたいこと・挑戦してみたいことはありますか?
 
わたしの曲がダンスミュージックに近いので、ワンマンライブなどではダンスを取り入れたりしてみたいです。